自己管理能力が問われる職種

      2017/03/15


ある日、教会のお姉さんにこう言われました。

「Lunaちゃんは、各地を飛び回りながら摂理での信仰生活を送っていて、結構なハードライフを送っているけれど、CAの仕事って、自己管理能力が問われる仕事だよね。結局、信仰の世界って、自己管理が大切じゃない。自己管理ができなければ、摂理でも、人の面倒も見てあげることができないじゃない?Lunaちゃんは、管理能力が仕事で鍛えられてるんだね。」

なるほど。
意外な一言でした。
なぜなら、「CA=信仰生活の自己管理ができない」場合が、ほとんどだと思うからです(^^;)
飛び回っていて、時差もあるし、いくらでも、時間とおりにお祈りできない(しない)環境、御言葉を聞けない(聞かない)環境が整っていますからね・・・笑
それで、信仰生活を諦めるか、CAを諦める人達の話しも少なくありません。
信仰生活を諦めていくのは悲しいですが、CAについては、少なくとも今は、ひとまず諦めて良かったね、と思うことも正直あります。

でも、確かに、環境は、どう考えるかにかかっています。

信仰生活のことは置いておいても、自己管理能力が問われるCAの世界。
CAの仕事を通して培われるもので、信仰生活に活かせるものも、実はたくさんあるのだなぁということを、改めて考えるようになりました。

困難な環境に置かれている時、<考えの方向>を「肯定的」にすれば、その環境が「成功の場所」にもなるし、克服していくその瞬間が「成功の期間」にもなる。
(2017年3月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

CAなのに信仰を守っていてすごいね!

ではなく、

さすが、CAだから信仰を守れるのね!

というくらいの基準を立てられるように頑張ります☆

Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -フライトの話し

  関連記事

摂理人は強風に強い!? ー悪天候フライトで天がくださったメッセージ

みなさんご存知の通り、航空業界は、天候の影響を直に受ける業界です。 先日、強風のため、引き返す恐れが

「自分の主観と考え」という「靴」を脱ぐー「忙しくて、疲れて、できない」を捨てたら起こった奇跡

今週、瞬間考えたことを、瞬間報告するという行動に移したことによって、会社から思わぬ評価を受けるといっ

摂理CAのお客様トラブルとの向き合い方

CAはお客様対応のプロフェッショナルとして見られることが多いですが、だからと言って、お客様とのトラブ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen