感謝の伝え方

      2016/08/21


先日、ある集まりで、Lunaがお話しをさせていただく機会がありました。
大した話しはしていない(できない)のですが、「ありがとうございました」と笑顔を見せて帰る方々がいらっしゃると、やはり、とても嬉しいものですし、もっといい話しをできるように頑張ろうと思えます。

集まりが終わり、参加者はみんな帰って、Lunaと数人の方々で片付けていた時に、一人の女性が戻ってきました。

「あれ?忘れ物ですか?」

もうとっくに帰宅されていたと思っていたので、ビックリしたLunaに、その女性は、こうおっしゃいました。

「いいえ!お礼を言おうと思って、戻ってきたんです。本当に今日はどうもありがとうございました。」

「そんな!!お礼だなんて!!あとで、メッセージか、人づてに伝えてくだされば、いいのに!!わざわざ、そのために戻っていらしたんですか?」

すると、彼女がこうおっしゃいました。

「どうしても直接お礼をお伝えしたかったんです。この先どうすればいいのか、途方に暮れていたのです。今日のお話しで、希望が見えました。本当にありがとうございました。」

なんでも、Lunaと一対一で話すタイミングがなかったそうなのです。(確かに、なかった。)
それで、頃合いを見計らって、お礼を伝えに、戻ってきてくださったということでした。
なんて、礼儀正しい!!
感激するLunaの頭に、ある聖句がよぎりました。

17:11イエスはエルサレムへ行かれるとき、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。 17:12そして、ある村にはいられると、十人のらい病人に出会われたが、彼らは遠くの方で立ちとどまり、 17:13声を張りあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」と言った。 17:14イエスは彼らをごらんになって、「祭司たちのところに行って、からだを見せなさい」と言われた。そして、行く途中で彼らはきよめられた。 17:15そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、 17:16イエスの足もとにひれ伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。 17:17イエスは彼にむかって言われた、「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。 17:18神をほめたたえるために帰ってきたものは、この他国人のほかにはいないのか」。 17:19それから、その人に言われた、「立って行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのだ」。
(新約聖書/ ルカによる福音書 17:11〜19)

同じく感謝しても、表現してこそ感謝の思いが伝わるものだし、感謝に満ち溢れたならば、誰かに言わなくても、自ら表現せざるを得ないものなのだと思います。

私たちは、天の前で、どのような姿勢を取るべきか。

直接お礼を伝えるために、わざわざ戻っていらしたその女性の方は、Lunaとこの地に大きなメッセージを残して、お帰りになりました。

Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -マナー・おもてなし

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • Luna
    Luna (947)

    摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
    世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
    時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
    ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen