気になる!摂理CAの結婚・恋愛事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こういうタイトルが世間で最も注目を浴びる時代になったことを残念に感じているのは、Lunaだけでしょうか(。-_-。)
LunaがCAになってから、耳にタコができるほどいただく質問の1つが、「CAさんって、出会いたくさんありそうですね!実際どうなんですか?やっぱり名刺とかもらうんですか?」
はい、もちろん、毎日大勢のお客様との出会いがあります。
CAは、フライトごとに、一緒に働くメンバーも違うので、新たなCAとの出会いもありますね。
でも、みなさんが期待しているような「出会い」は、ないですかね。
CAと結婚する芸能人やスポーツ選手が多かった、バブル崩壊前の昔のことはよくわかりませんが、今の時代、機内で「出会い」を求めて悠長に働いているCAも、機内で名刺を渡す暇のあるビジネスマンも、いないと思います。
不景気だし、みんな、忙しい。
それに、CAがみんなの憧れだった時代はとっくに終えて、CAも凡人の時代を迎えました。(だって、LunaがCAだし。)
魅力的な女性の仕事はCA以外にもたくさんありますし、CA以外にも、素敵な女性はたくさんいらっしゃいます。
時代は変わりました。
でも、時代は変わっても、人々の認識はなかなか変わらないものなのかな。
昔のドラマの影響なのか何だかわかりませんが、CAへの誤解の1つが「CAの結婚・恋愛事情」で、個人的に心が痛いです。
何しろ、現実を伝えても、信じてくれない人もたくさん。
イチイチ諸事情を説明するのが面倒くさいです・・・なんて。笑
「摂理の結婚・恋愛事情」も、同じように誤解がたくさんあります。
聖書を正しく紐解けば、誤解が全て解かれるはずなのですが、一度植え付けられてしまった認識を変えるのは、やはり、なかなか難しいものなのでしょうか。
Lunaも独身の身なので、摂理家庭の内情をお伝えすることには限界があるのですが、ただ1つ言えるのは、摂理パパ、摂理ママ、そして摂理の家庭で生まれたお子さんと一度でも会えば、何ら偏見を持つ必要性がないということがわかると思います。
ちなみに、意外に思われるかもしれませんが、CAは、結婚しない人も、とっても多いですよ。
結婚し、仕事をつづけながら子育てをされている方もたくさんいらっしゃいますが、普通に考えて、いろいろと厳しいですよね。
フライトが大好きで、フライトを続けたくて、結婚の道を見送った方たちもたくさん見てきました。
今は、そういう人たちを「負け組」と呼ぶ傾向も強いけれど、結婚しない道を選ぶことが、女性にとっての(もちろん男性にとっても)1つの選択肢になることが、普通になる時代に変わっていけばいいなぁと思います。
というのは、母の胎内から独身者に生まれついているものがあり、また他から独身者にされたものもあり、また天国のために、みずから進んで独身者となったものもある。この言葉を受けられる者は、受け入れるがよい。
(新約聖書/マタイによる福音書19章12節)

結婚するとしても、独身の道を歩くとしても、どちらにせよ、神様を愛する時に、最高の幸せが舞い降りてくるのだという当たり前のことに、摂理に来れば、気づかされると思います。
どちらの道に行くべきかも、心配しなくていいでしょう。
ただ神様だけを愛して生きていれば、時になれば、きっと、神様が示してくださいます☆
Luna

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Authors

Luna
Luna (1013)

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

アーカイブ

リンク

mandae

official

right_banner_wmd

luna_banner

sol_banner

solunar_uk_banner

setsuriwomen
PAGE TOP