早起きは三文の徳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAの仕事は、朝に帰宅したり、深夜から仕事が始まったり、実に不規則。
海外に滞在する場合は、時差もあるから、早寝早起き、規則正しい生活は、不可能であります。(たとえ現地時刻で早寝早起きしても、日本時間では遅寝遅起でしかなかったりしますからね。)
それに、日本からアメリカやヨーロッパ路線に乗務する場合は、10時間以上のフライト、拘束時間は20時間以上。
ようやく解放された時には、クタクタで、ベッドに倒れこみます。。。

それでも、できる限り、現地時間に合わせて、早寝早起き、規則正しい生活を徹底できるように、もがいております。

ただでさえ生活リズムのおかしなCAですが、生活リズムが崩れると、全てのリズムが崩れます。
そうしているうちに、仕事が山積みになりました(*_*)

この仕事を片付けるためには、早起きをするしかないと思って、決心して、頑張って、早起きした今日の明け方の箴言。

<明け方の時間>を捕まえたら、5~6時間はある。
そうしたら午前の時間や午後の時間ぐらいあるから、ものすごい時間を活用するのだ。
寝る時間6時間を差し引いて計算すれば、1日3分の1の時間をもっと使うのだ。
そうすると80年生きても、110年生きたことになる。
長く生きようとばかりしないで、若い時に「時間」をちゃんと使いなさい!
そうすれば長く生きたことになる。
長く生きても、年を取ったらろくに活動できないから、年を取っただけで、やることはない。
<時間をちゃんと使うこと>が「最高の知恵」だ。


(2016年10月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

早起きしたおかげで、溜まっていた仕事をいくつか終えることができました。
まだ午前。
まだ1日たっぷり時間があります。
「もう○○時!!今日も仕事が終わらない!!」というストレスからもちょっと解放されます。

昔から「早起きは3文の徳」と言われますが、現代社会を生き抜く上でも欠かせない、変わることのない<真理>なのだと悟ります。
いや、忙しい現代社会こそ、忘れてはいけないことなのでしょうね。

Luna

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Authors

Luna
Luna (970)

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

アーカイブ

リンク

mandae

official

right_banner_wmd

luna_banner

sol_banner

solunar_uk_banner

setsuriwomen
PAGE TOP