人身売買された少女をCAが救出!

      2017/02/16


こんな記事を摂理のお友達が送ってくれました。

【危機一髪】人身売買された少女をCAが救出!CAには人身売買を見分ける訓練がされていた!?

実は、この事件が起こった2011年よりも前、LunaがCAになるにあたって悩み、CAに絶対なりたくない!!と真剣に考えたことがあったのですが、その理由の一つは、まさに、航空輸送が人身売買に間接的に関わるから、でした。
当時、「航空会社が人身売買に間接的に関与しうる」という話しは、Luna自身、誰からも聞いたことはありませんでした。
しかし、大学で、国際協力や国際政治を専攻していたこともあり、様々なことを「もう少し」深く考えてみれば、企業が間接的に人権や環境に悪影響を及ぼしていることに気づくしかありませんでした。
それは、航空会社について言えば、人身売買の問題以外にも、環境問題や空港周辺住民退去問題などにも言えることだし、航空業界に限らず、あらゆる業界で考えるべき問題と言えます。

しかしながら、世の中の現状は、理想とあまりにもかけ離れているもので、これらの問題についてどう考えるか、就職活動中、学生ながら、多くの大人たちに尋ねてまわったところ、少しは考えているどころか、全く考えていない大人たちが大部分であったことに、ものすごくショックを受けた辛い辛い学生時代を思い出します。

その後、Lunaは摂理と出会うようになり、おそらくこの事件もきっかけとなってか、航空業界も、人身売買の問題に取り組むように変化しました。
それでも、まだその対応は完全ではないし、今もなお、被害がなくならない事実を忘れてはならず、もっと切なる思いで考え(祈り)、具体的対応策を講じ、行動(実践)しなければならないでしょう。
そして、本来ならば、もっと!もっと!早く!!目を覚まして、この問題に<自ら>気づいて、対応しなければならなかったでしょう。

以前、鄭明析先生が、(2011年よりももっともっと前から)毎日、人身売買についてお祈りされているという話しを聞いたことがあります。

対して、航空業界関係者たちは、切なる思いで、人身売買について、お祈りしているだろうか。

Luna自身と、Lunaと毎日一緒にフライトする仲間たちを振り返ってみて、私たちがどれだけ自分勝手に生きているかを痛感するしかありません。

あーなんて、この世の中は、罪がはびこるのか。
Luna自身の中にも、どれだけ罪がはびこっているのか。
全ての人たちが、考えを神様と主にかけて、御言葉とおりに実践しなければ!!
そうでなければ、全ての対応は上辺の対応であり、構造的暴力は決してなくならない。
それを、摂理に来る前の学生時代にも、イヤと言うほど感じていたし、今も、摂理の御言葉を聞いて、飛びながら、より一層、悟らされる次第です。

罪から離れて<神様の御言葉どおりに生きる時>、「善の世界」であり、「肉も霊も天国の世界」だ。
(2017年2月9日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

人身売買される少女を救出することはもちろんのこと、それだけにとどまることなく、私たちを「闇の世界」から「光の天国の世界」に救い出してくださった主の愛を、地の果てまで叫び伝えるCAになりたいです。

Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -日本と世界のニュース

  関連記事

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • Luna
    Luna (928)

    摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
    世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
    時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
    ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen