ただのスパルタと、愛あるスパルタは違う

      2016/10/15


スパルタ教育って、時に大切だな、と思います。
「かわいい子には旅をさせよ」という諺もあるように、人を育てる時、何でも甘やかして、何でも優しくしてあげればいいというものではないでしょう。

でも、だからと言って、理論だけ持ってきて、ただスパルタに接するのは、それが、家庭であれ、職場であれ、教会であれ、間違っていると思います。

一番大切なのは、愛。
これを本当に悟らなければいけない、と最近痛感しています。

主も、時に、スパルタ教育をされるけれど、主は、誰よりも、愛が深くて大きい方です。
厳しい指導をされるとしても、その前に、その人のために、命をかけて、祈ってくださっているでしょう。
愛なしで厳しいことを言っても、それは、人を育てるのではなく、ただ、人に傷を与えて、人をダメにすると思うのです。
その「愛」とは、どれくらいの水準か。
天の水準です。
その人のために、命をかけて、祈る、その水準。
その水準で、人に接していないのに、人に厳しい言葉を放つのは、間違っているでしょう。

結局、今の時代に一番欠けていて、最も重要なのは、愛。
技術やスキル、論理や精神論でもなく、ただ愛の大切さに、もっと目が開かれる世の中になりますように。

Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -摂理はこんなところ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen