真実な告白が切実な祈り

      2017/03/15


今週、主日礼拝の後。
青年部3人で話しをしていた時のことです。
Lunaも含めて、3人とも、信仰への熱さが冷めている感じがしました。
いや、はっきりと「熱くなれない」という話しまで出ました。

しかし、不思議なことに、Lunaの今の心境をありのままにみんなに語ってみたら、いつになく、涙が出そうになりました。
いつもならば、熱く、説教をする勢いで(笑)、最近感じた主との喜びの経緯を、熱くみんなに語るのです。
その日は、とてもそんな感じになれず、身体も疲れているし、いろいろあって、精神的にも疲れていて、正直に「私、今日は、集中して御言葉を聞けなかったです。最近こういうことがあって、こんなことに捉われている場合ではないのですが、本当にそのことがストレスで・・・」と話しているうちに、なんだか泣けてきたのでした。

それは、切実さ、ゆえだったのだと思います。

真実な告白。

いつも、嘘を言っているわけではないけれど、「私こんなにハッピーで、こんなに幸せで」と、熱く語っている時よりも、ある意味、私の心がじーんと熱くなったのでした。
喜びの話しもいいけれど、人生、いつも順調でない。
もがきの時に、真実な告白をした時に、切なる思いがこみ上げてきて、冷めていた心が熱くなるのかもしれません。

その後、心の冷えた(苦笑)3人でお祈りしたのですが、本当に不思議なことに、お祈りが終わった後に、みんながみんな泣いていました。
こんなことも初めてでした。
いつもならば、もっとみんな元気だけれど、元気ならば、元気だからこそ、主への熱い思いで、涙を流して祈ってもいいものなのに、誰も泣いていなかったように思います。

真実な告白。

これが大事なのだと悟りました。

心が熱くて元気でも、冷めていて元気がなくても、真実な告白をすること。

それが切なる祈りなのだと悟りました。

ただ、ブツブツ祈る祈りは、祈りの天使が神様の元に、その祈りを届けてくれないと言います。

私の祈りは、いつも切なる真実な告白だったのだろうか。

Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -摂理はこんなところ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • Luna
    Luna (928)

    摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
    世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
    時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
    ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen