<確認>した人たちにしか見つけられない、摂理の「宝」

   


今週の御言葉は、「確認して行ないなさい」です。
Lunaが摂理と関わるようになったことで、実は、両親から本当に激しく反対されました。
残念ながら、世の中には、摂理に対する悪評や不信がまかり通っているから、その噂話を信じて、娘がおかしくなったのでは?と思ったようです。
摂理全体を見ても、世間からの反対が少なくないことを、このブログをご覧になられている方は、よくご存知のことと思います。
その苦痛を最も背負っていらっしゃるのは、鄭明析先生だということも、よくご存知でしょう。
Lunaについて言えば、誰に何と言われようとも、必ず摂理の御言葉が真理だという確信があったから、これまでどんなことがあっても、信仰が揺れることは決してありませんでした。
むしろ、反対されればされるほど、神様と先生の心情をより悟って、信仰がかたくなりました。
どうして、摂理の御言葉が真理だと、断言できるのでしょうか。
<確認>したからです。
あなたの前に「騙〔だま〕すもの」と「害を与えるもの」が押し寄せて来て、あなたにまとわりつ く。
ただ<確認>だけが、それらを分別し析〔さ〕 いて「良いもの」を得させ、「悪いもの」は投げ捨てるようにさせる。
(2014年7月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

反対側は言います。
断言はよくない。
断言すること自体がおかしい、間違っている。
善悪・白黒をはっきりさせることに抵抗を持つ日本人には、特に、ありがちな論調でしょう。
しかし、彼らは、<確認>していません。
詐欺師と騙す人たちは、<確認>を一番恐れる。
(2014年7月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

また、反対側は、様々に作り話しを並べ立てます。
しかし、<確認>すれば、嘘だとわかります。
だから、<確認>すれば、どの切り口から見ても、摂理が正しいと断言するしかありません。
「目」でも、「耳」でも、「口」でも、「手」 でも、「足」でも、「心」でも、「魂」でも確認して、行いなさい。
(2014年7月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

これくらい<確認>してこそ、<確認>と言えるのですね。
更に、<確認>について、御言葉には、こうあります。
<確認>は、「宝」を見つけさせる。
確認した人だけが損をせず、「貴重な宝の所有者」になる。
(2014年7月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

それがどんな「宝」であるのかは、<確認>した人たちにしかわからないし、<確認>した人たちにしか、「宝」を見つけることはできないでしょう。
地に隠された天の宝。
高貴な「宝」を、みなさんと共に見つけられますように、祈っています。
Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -摂理はこんなところ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen