人生の真の恩師

      2015/07/11


今日5月15日は「恩師の日」です。
日本にはありませんが、韓国では、学校の先生や、かつての恩師に、感謝を伝える日だそうです。
摂理でも「恩師の日」を祝うのですが、人生を生きていく中で、一体どなたを「恩師」として迎え、どなたに感謝を捧げるべきでしょうか。
世の中には、学問を教える先生、世の中のことを様々に教える先生など、たくさん先生がいます。
しかし、人間は各分野別に少しずつ教える先生にすぎません。
どれほど博識であったとしても、「肉」のことしか教えられないからです。
「人生の問題」と「永遠な世界」については、学校で100年間学んでも学べません。
これは、ただ神様と聖霊様と御子が教えてくださいます。
だから、御子は私の恩師になって、人生の問題と永遠な世界について教えてくださいました。
そして先生は、ただその御言葉を世の中に伝えました。
(2013年5月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「万物と世の中」より先に学ぶべきことは、「人生」です。
そのためには、まず天地と人間を創造なさった「三位一体」を学ばなければなりません。
そして、「人間」について学ばなければなりません。
自分の人生も知らないで、物質と万物と世の中を学ぶから、無知で、自分自身も、万物も、世の中も治めることができずにいます。
世の中の学問は、私たちの「肉」の世界のことについてはある程度教えてくれますが、「永遠な世界」である「霊」のことは、神様の御言葉しか教えてくれません。
「肉」と「霊」を救う神様の御言葉を聞いてこそ、「人生の問題」が解けます。
神様と聖霊様と御子に学んだら「一日のうちに」分かるのに、学ばなければ「一生」分かりません。
(2013年5月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

<人生の真の恩師>がどなたであるのか、また、その方と出会えることが、どれほど意味深いことであるのか、深く深く悟る1日になりますように。
Luna

投稿者プロフィール

Luna
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

 -摂理はこんなところ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • Luna
    Luna (928)

    摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
    世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
    時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
    ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

  • mandae

    official

    right_banner_wmd

    luna_banner

    sol_banner

    solunar_uk_banner

    setsuriwomen