しっかり健康管理して良い年越しを♪ー摂理人から聞いた「生活習慣病」の話し


今年最後の記事です♪
先日、摂理の医療関係の方から、興味深い話しを伺ったのでご紹介致します。
今、日本で最も深刻な病気は何だかご存知ですか?
答えは、糖尿病。
生活習慣病と言われる癌・脳卒中・心臓病は、戦後70年で6倍(!)に増えたと言われていますが、糖尿病は、250倍(!!!)増えているそうです。
人口で言うと、750万人が糖尿病と診断されており、糖尿病の危険がある人も含めると、実に2500万人が糖尿病と隣り合わせで生きています。
2013年、糖尿病による死者数は、513万人でした。
1年は365日。
計算すると、1日に1万人以上、実に6秒に1人が糖尿病で亡くなっていることになります。
戦後、これだけ医学が発達したのに、おかしいですよね。
医者のせいではなく、医者に係る前の現代人の「生活習慣」に問題があることが、はっきりとよくわかります。
2014年3月16日(ちょうど摂理・鄭明析先生の誕生日)、国際機関である世界保健機関WCOで発表された資料によると、砂糖の摂取量は1日に25gと定められているそうです。
しかし、私たちは、知らず知らずのうちに、お菓子やらジュースやら甘いものを大量摂取して、毎日25g以上摂取しているようです。
恐ろしい((((;゚Д゚)))))))
また、糖分の大量摂取は、脳の血管をつまらせ、精神疾患ももたらしたり、認知症につながったりと、糖尿病以外の病気とも関係があるそうです。
医療関係者の方がおっしゃるには、私たちの誰一人として、他人事ではないと。
普段、それなりに食べ物を気にしてるLunaも、自身の摂取している糖分を計算してみて、25gて、意外とすぐに越えてしまうことが発覚して、寒気がしました。
知らないって怖いですね(T . T)
具体的な計算方法は、また別記事にしようと思います☆
肉は消耗するものだ。
物質界に属しているものだから、使えば使うほど、機能も衰え、貴重に管理しなくなければ、管理しない分、使えなくなる。
故障してしまう。
一度ひどく故障すると神様が与えた肉体だから、他のものには交換することは不可能だ。
肉体が健康な時、しっかり管理してこそ、貴重に使い、長く使う。
(2014年9月6日 摂理・鄭明析先生の御言葉「体と体力を管理しなさい」)

身体は資本です。
どんな仕事もそうだと思いますが、CAは本当に体力勝負の仕事です。
摂理ブログも、健康管理がしっかりできていなければ、結局フライト前後に更新は厳しいことを感じた1年でした。
今年1年、最後まで無事にフライトできたことを神様に感謝し、引き続き健康管理に勤しんで、これからも末長く摂理ブログを更新していけたらと願っています。
Lunaのつたないブログを応援してくださったみなさま、ありがとうございました。
みなさまも、どうか健康に気をつけて、良いお年をお迎えください♪
しっかり健康管理して、2015年、素晴らしい1年にしましょうね(*^_^*)
また来年も、よろしくお願い致します☆
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆