摂理でヨガ生活☆変化


最近は、機内でも、ヨガの時代!!
航空会社によっては、機内のオーディオ番組で、エクササイズ特集をご覧いただくことができると思います。
長いフライトは、働くCAにとっても負担ではありますが、実は、座っている方が、肩が凝り、足が凝り、身体が凝り固まって負担なもの。
エコノミー症候群という言葉もあるくらいですから、身体を動かすことは、とっても大事なことです。

さて、運動不足か身体が痛くて、今年に入って、本格的にヨガを再スタートさせたLunaですが、ヨガの先生が、こうおっしゃっていました。

「ヨガは、もともと身体と心を気持ちよく整えるのが目的。
ポーズをうまく取ることが目的にならないようにしてください。
変化はすぐには目に見えませんが、コツコツ積み上げていくことによって、いつの間にかポーズがうまく取れるようになるものです。
目的を間違えると、辛くなります。」

アーメン!!

万事が全てそうであり、摂理での信仰生活もそうだと思ったのでした。

「摂理に来て御言葉を聞けば、すぐに自分の問題が解決されて変化する」と思われて、御言葉を聞き始める方もいらっしゃるようです。
しかし、そんなにすぐに変化が見られるほど、世の中は甘くない・・・笑
実際、すぐに変化が見えないから、落胆したり、不信したりする人もいます。
すぐに変化したら、もちろんいいけれど、大きな変化がすぐに現れるって、そんなお話し、どの世界でも、あまり聞いたことがないですよね。

継続は力なり。
諦めないで、最後まで行くことです。

そして、目的を間違えたら、いけないと思います。

摂理の核心は、いつも<愛>。
<愛>が目的にならねばならないでしょう。
変化すること、そのものが目的ではなく、毎日、愛する神様ために行おうと努力する姿勢の結果体として、大きな変化が待ち受けているものなのだと思います。

「完全に完成させる変化」だ。
変化の途中、中断したら、「未完成」で終わる。
変化する途中、中断したら、「完成させる人」に機会が移っていく。
だから「完全に完成させる変化」だ。


地球が休まずに回るように、季節が休まずに進むように、持続的に行なって、すべき時に最後まで変化させることだ。


(2016年2月17日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

<愛>で、大きな変化を成し遂げる私達になりますように!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆