摂理は「体力」勝負の世界


信仰人にどのようなイメージを持っているかは、人によって様々だとは思いますが、「体力」が必要と考える方は、それほど多くはないでしょう。
しかし、摂理では、一にも、二にも、三にも(どんだけ強調)、「体力」が必要です。
摂理人として求められるスキルの1つに「体力」は確実にランクイン。
鄭明析先生の「体力」は超人並みです。
毎日の睡眠時間1~3時間で、あらゆる仕事をテキパキとこなします。
鄭明析先生の最も近くで走られている女性牧師さんの「体力」も超人並みだとか。
先生も、女性牧師さんも、特別であり、アスリートでもない私には無理だろう…と思うのが、人間の考えかもしれませんが、御言葉では、ずばり、このようなご指摘があります。
誰でも鉄のようで超人のような「体」はみんな持っている。
しかし、練達せず鍛練しないから、鉄のようで超人のような能力が現れないのだ。
繰り返しやれば、だんだんと能力が現れて、自分も驚く。
(2013年9月17日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

じっとしている場合ではなく、鉄のようで超人のような「体」に作るべく、Lunaは本格的にトレーニングに勤しんでおります!!
その効果、Before→Afterはまた後日★
なぜ、そこまで「体力」が必要か?
それだけ摂理人がすべき仕事が多い(!)からですが、神様は、私たちをただ<働き人>として選んだわけではありません。
愛する私たちのために神様がくださった「体」も、しっかり鍛えてこそ、運動不足による「体」の支障に陥ることもなく、心身ともに健康を維持することができ、幸せに生きることができるのだと思います。
今週の御言葉にも、「体力」について言及されていました。
<運動>も長い間したら、超人の体力に変わる。
(2014年8月4日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

夏休み(はLunaにはないですが)、<韓国語><天の言語>の習得に加えて、<運動>も必ずしなければですね!!
わ~やることいっぱい(>_<)!! でも、それが楽しいんです♥ Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆