摂理の御言葉で計測する生活ージムで聞いた「計測が分岐点」という言葉の真髄を探る


先日、ジムに行った際に、インストラクターの方が、こうおっしゃっていました。
「計測が分岐点」
ジムで計測すると、自分の身体の状況が、数値ではっきりと表れます。
サボっていたのか、ちゃんと運動していたのかまで、全てが、その数値ではっきりとわかってしまうわけです。。。笑
だから、怖くて図れません(>_<)図らないです!と逃げる方は、サボっている方に、多いらしい。 なんだか、リアルすぎる話しですね。笑 計測しないから、自分の状況をしっかりと把握することができず、 自分の状況を把握していないから、計画的な目標を立てられず、 目標を立てていないから、運動をしなくなる。 運動をしていないから、計測が怖くなって、計測しなくなる。 悪循環が起こるから、「計測が分岐点」なのだと、説明を受けました。
食べることも寝ることも運動することも、すべき時にやっていたのが一度でもやらなければ、一目瞭然だ。
これが<生の法則>だ。
これと同じく、祈りもすべきことも、すべき時にやらなければ一目瞭然だ。
また行なえばすぐに一目瞭然だ。
(2014年1月11日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

すべき時にすべきことをしているのか、毎日、御言葉でしっかり計測しなければ、と悟ったLunaです。
調子が悪いときは、御言葉で計測することそのものが、イヤになるものです。
しかし、そんな時こそ、御言葉で計測しなければ、どんどん御言葉が遠くなっていって、悪循環ですね。
毎日、御言葉で計測し、いつも、良い状態であることを一目瞭然で把握できるように、今週も頑張ります(^-^)/
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆