「1年間」の積み重なりが与えるもの


Lunaが通うスポーツジムでは、1か月に1回、月初めに計測をするのですが、12月1日、「いつものように」計測をしてみて、気づいたこと。

なんと・・・気づいたら1年間!!!!!!計測していませんでした(;’∀’)
「いつものように」ではなかった・・・( ̄▽ ̄;)

ジム自体には通い続けていたので、月初めの計測のタイミングを逃していたわけですが、1年間も行っていなかっただなんて、自分でも気づいていませんでした(*_*)
インストラクターも気づいていなくて、前回の結果を参照した時に気づいた次第。。。
インストラクターも私も、ビックリしました(;゚Д゚)

こうやって、気づいたら1年間が経過しているってこと、よくあることな気がしますが、みなさん、いかがでしょうか。
これではいけない、そんな生活を送っている場合ではないと思いました・・・(>_<) さて、気づいたら1年間が経過というのは恐怖の事実で、悔い改めなければですが、インストラクターさんから、こんなお言葉をいただきました☆ 「前回の計測、1年前だったんですね!いや~おかしいなーと思ったんですよね。普通1か月でこんな変化が見えるだろうか?と思ったのです」 と!! そうなのです、前回の結果と、今回の結果と、照らし合わせると、数値に大幅な変化が見られたのでした!! これにも、Lunaも、インストラクターも、驚きましたΣ(・ω・ノ)ノ! 1回につき、たった30分~1時間の運動だけれど、それが「1年間」積み重なった時にあらわれる変化って、とても大きいのですね。運動していなかったら、それによって受ける損害も、大きいことでしょう。 <運動>もそうです。
たまに筋肉運動をするとか走ることは、疲れがたまっている体を瞬間ほぐすぐらいです。
全身と筋肉と肺にいい影響を与えるためには、毎日運動をするにしても、一か月、二か月、三か月は持続的にやらなければなりません。
毎日、生活の中でやらなければなりません。
ビビンバを食べる時<ご飯>と<混ぜる具材>を一緒に入れて混ぜるように、生活の中で<仕事>をする時、瞬間瞬間<運動>もしながら体をほぐせば、一日中やるから「たくさん」やるようになります。
そうしてこそ「体」が変化します。

(2017年11月26日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉「神経を使いなさい。心を守りなさい。」)

はやくも12月に入り、もうすぐ年の瀬。
1年が過ぎ去ろうとしています。

この1年間、積み重ねてきたことって、何だろう。

そういえば、いつの間にか1年が経過していたけれど、実ったもの、得たものが何もなかったわ・・・(;_;)

なんてことにならないように、これまで持続的に行なってきたものがあってもなくても、最後、1か月くらいは、本当~~に、悔いなく走る12月にしたいです!!

<信仰>もそのようにするのです。
生活の中ですべきことをしながら三位と主を呼び、対話し、祈り、伝道し、三位に栄光を帰しつつ生きることです。
そうすれば寝る時までするようになります。だから「たくさん」するようになります。
一度、二度やってやめるのではなく、持続的に神経を使ってやることです。

(2017年11月26日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉「神経を使いなさい。心を守りなさい。」)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/beauty1/7616
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆