摂理で「人生最高の価値の生」を生きよう☆ーある日スポーツジムでの話し


最近、スポーツジムに通う頻度が高くなりました。
1年かけて、ブログ更新数も増えれば、スポーツジムに通う回数も月平均、約2倍アップ。
ハレルヤo(^▽^)o

頻繁に現れるLunaに、インストラクターから、こんな質問がありました。

「Lunaさん、今日も来たんですか?どうしちゃったんですか??」

思わず、笑ってしまいました。

どうしちゃったのでしょうか?聖霊に満ち溢れてるのです(*^_^*)!!と思いながら、

「あの、疲れていても、身体を動かさない方が、かえって、疲れませんか?」

と聞いたLunaへ、インストラクターより一言。

「そうなんですよ!Lunaさん、やっと気付いたんですね〜!」

えΣ(・□・;)やっと気付いたのだろうか・・・?

と、まさかの展開に、突然焦るLuna。。。笑

でも、確かに、これまで、運動の大切さを頭ではわかっていて、たくさん運動したいと心は願っていたけれど、行動に伴いませんでした。
フライトは体力勝負。
体力をつけたいから運動したくても、疲れているから運動するのも億劫な日もありました。

それが、時間さえあればスポーツジムに行かないと、身体が不調を訴え、なんだか気分も悪くなるようになったというのは、身をもって「やっと気付いた」ことの現れと言えるかもしれません。

「身体を動かさない方が、凝り固まって、疲れるんですよね。無理は禁物ですが、疲れてても、ちょっとでも身体を動してから休んだ方が、よく眠れますよ」

と、運動が良い習慣になっている方にとっては、おそらく当たり前のことなのだと思いますが、インストラクターの方が話されているのを聞いて、

「(アーメン!)そうですよね!!」

と、Lunaの変化の話しをして、盛り上がり、スポーツジムを満喫して帰宅しました。

自分の心が願うからと言って、すぐに変化するのではない。
行動でしてこそ変化する。
だからどれほど大変で、長い時間がかかるのか、知らなければならない。
つらく、長い時間がかかっても、行なうことで肉と霊の変化を成すことは、人生最高の価値の生だ。
(2011年2月18日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

運動と同じく、信仰もそうだとわかって、「人生最高の価値の生」をこれからも満喫します(^-^)/

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆