神様からの電話


行ける時にはなるべくジムに行くようにしています。

休みの日の日課は、午前中にジムに行くこと。

最近、肩の凝りもきつく、運動の必要性を痛感。

しかし、必要性を痛感するからこそか、義務感でストレスを感じたのか、今日は行くのが億劫に感じました。

行こうか、行くまいか。

行かないことで得られることは何一つないことは充分承知なのに、グズグズしました。

ジムに行かないなら行かないで、他にすべきことの気持ちも乗らず、

これは私に運動も足りないけど、祈りが足りないわ、とりあえずお祈りしよう

と、お祈りしたら、祈って1分後?くらいに電話がかかってきました。

誰からかしら!?

とスマホの着信を見てビックリΣ(・□・;)!!

なんと、ジムのトレーナーさんからでした!笑

「Lunaさん、毎月のチェックが今月は明後日までですが、いつ来れそうですか?」

行こうか、行くまいか、迷っていたことは隠して、すかさずこう答えました。

「今ちょうど行こうと思っていたんです!!今から行きますね!」

神様が私の心を見透かして、電話をかけてこられたのだと、痛感するしかありませんでしたσ(^_^;)

有言実行。

ちゃんとジムに行きましたよ☆

健康は、持続的に管理だ。続けた時に効果がある。

信仰もそうだ。

根気強く続けるためには、神様の愛を悟らないといけない。

(2019年3月5日 摂理 鄭明析牧師の明け方の御言葉)

ちなみに写真は、ジムに行く前(お祈りもする前)に、スタバにて。

改めてじっくり見てみると、女の子(私)が走っている(運動している)ように見えました(笑)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆