摂理CAの気になるカルトナージュ教室


元CAのキャリアを活かして、お菓子やパンや、フラワーアレンジメントの教室を開いている方が結構いらっしゃいます。

女性の感性が活かされる分野なのでしょうね。

 

最近、こんな教室も開いてるんだ〜と新しく発見したのが、カルトナージュ教室。

 

カルトナージュとは、フランスの伝統工芸☆

厚紙(carton)で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて作ります。

 

毎日主を迎えようとして用意して生きる人だけが主を迎える。
(2012年2月7日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

 

いつも主をお迎えする生活。

一番大事なのは、心にお迎えすることですが、生活する場である家の在り方にも、気を使いたいものです。

 

まもなく、春が訪れますね。

早速カルトナージュを作って、Lunaの部屋のインテリアも新しくして、気持ち新たに春を迎え、気持ち新たに主を迎えようと思いました☆

作ったらブログで公開させていただきますので、お楽しみに(≧∇≦)笑

 

Luna

 

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆