摂理で学んだ<三位一体の組織>ー安全なフライトに必要な<三位一体>とは?


フライトで世界を飛び回ってみると、日本の特異性が見えてくるものですが、そのうちの一つが宗教に関するあれこれ。

例えば、比較的、宗教を嫌う日本で、政治家の間でも何気なく使われた宗教用語があります。
ずばり、「三位一体」。
最近は使われなくなりましたが、一時期、「三位一体の改革」という言葉をよく耳にしました。

「三位一体」の語源は、キリスト教に由来します。
日本で生まれた「三位一体の改革」という言葉は、直接的には、キリスト教とは何の関係もないとは言え、キリスト教を信じる人達が約1パーセントしかいないこの国にて、政治の場で、「三位一体」という用語が使われたのは、なんだか面白いなぁと思います☆

摂理では、「神様、聖霊様、御子の三位一体」という使い方をよくしますが、「三位一体」について、もっと深く考えさせられる面白い御言葉をご紹介しましょう。

<三位一体の組織>で行なうと、強く、すごい。

家庭も<三位一体>の組織で、「夫−妻−子女」が互いに一体になって行なうなら、強く、すごい。

教会も神様と聖霊様と御子の御心に従って<三位一体の組織>で行なうと、ものすごくよくできる。
「牧師−指導者−平信徒」が三位一体になって、固く団結しなければならない。
違う面から見ると、「霊的な人−肉的な人−今来た人たち」だ。


(2013年12月27日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

そういえば、中学生の時、ある先生が「勉強する時、3人でするのがオススメですよ〜」と言っていました。

1人では、遊びたくなったら、勉強そっちのけで遊ぶリスクがあるとか。(笑)
2人では、まだ弱いと。
3人いれば、必ず、誰かが「ちょっと待った!」と言って、勉強を続けられるというのです。

また、何か解けない問題があった時、1人では延々と考えてもわからない問題も、2人、3人集まって案を出し合えば、解けることもある、ということでした。

当時は、「それ、先生の自論でしょ」と軽く受け止めていましたが(可愛くない生徒!笑)、今考えてみると、理に適っている気がしてなりません。

そして、教会を飛行機に代えてみて、CAとして、フライトしながらいつも感じるのは、「管制官−機長−CA」が<三位一体の組織>となってうまく連携し合わなければ、安全なフライトは決して守られないということです。

身近に隠された<三位一体の組織>。
人間が、神様と聖霊様と御子の<三位一体>と共にしながら、<三位一体の組織>をうまく機能させた時に、強くて、すごい歴史が起こるし、今、既に起こっているのかもしれないですね(*^^*)♪

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/1143
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆