摂理CAが機内でインタビュー!中国人にとって日本の魅力とは?



最近、日本全国、世界各国で遭遇する国籍No.1は、中国人のように思います。
観光にビジネスに留学に、中国マネーが世界を騒がしていますね。
ある日、そんな中国人の動向が気になって、Lunaは仕事の合間にインタビューしてみました。笑
仕事してくださいよ!って感じですが、お客様との会話もCAの仕事のうち☆
ま、CAは、根っからのお喋りなので、仕事と思って話してるCAはいないと思いますが・・・笑
何をインタビューしたかというと、一体、日本のどこを観光するのかです。
みなさんも、気になりませんか?
まず、北海道だそうです。
なんだか意外に思われませんか?(北海道のみなさん、すみません。)
日本の首都・東京や、古都・京都ならわかるけれど、なぜ北海道?という疑問に、答えてくださいました。
なんと、雪を見に行かれるんですね!
中国の一部の地域では、雪が見れないそうなのです。
でも、中国で、雪が見れる場所もあるんですよね。
なぜ、わざわざ北海道?(と、しつこいLuna。)
どうやら、世界の中でも、日本へ観光することは、中国人にとっての最高のステイタスだそうです。
一部の富裕層にしか、海外渡航が許諾されていない背景も関係しているのでしょう。
北海道以外は、Lunaの予想通り、東京や京都、そして大阪に行かれるそうです。
日本の化粧品や電化製品は質がいいから、東京のデパートやドラッグストアや秋葉原(これだけ地名ピンポイント。笑)で、たくさんご購入されてお帰りになるそうです。
観光だけで、その国の魅力がどこまで伝わるかは難しいものです。
旅行と住むのとは、また違いますしね。
住んで初めてわかるイヤなところや、イイところも、あるものでしょう。
でも、いずれにせよ、政治が思わしくない時こそ、民衆の力が大きいと思います。
多くの民がいても何もしなかったらできないし、しかし一人でもしようと決心してやった時にはそれを成就することができる。
(2007年1月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

中国はもちろんのこと、何かの機会があって、せっかく日本に来てくださる世界の方々に、ほんの少しでも日本の魅力をお伝えできたら幸いなことです。
結局、無力に思える民たちの、そうした「ちょっと」の積み重なりによって、時間はかかっても、確実に平和を築いていくものなのでしょう。
日本人CAとしても、世界と日本の友好の橋渡しとなれる存在になりたいです(^-^)
Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/138
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆