worldwideな韓国エアラインと韓国摂理の行く末


日本のパスポートは、世界で一番盗難されやすいと言われています(*_*)
日本人ほど、世界各国を自由に行き来できる民族はいないからでしょう。
日本にいると、あまり実感がわかないですが、イギリスに留学していた時は、休日、ビザなしでヨーロッパ諸国を気軽に遊び回っている日本人は、何度となく羨まれました。
金銭的な問題も含めて、EU圏以外の国籍で、ヨーロッパ内を自由に旅していたのは、日本人くらいだったと思います。
その恩恵の価値を悟らねばですね(>_<) そんな日本のエアラインが、世界にどれだけ飛行機を飛ばしているのか、チェックしてみたいと思います(^-^)/ 日本のエアラインで、国際線を飛ばしている会社は、JALとANAですが、その就航地の数を見ると、 JAL 49都市 ANA 32都市 です。 これが多いのか少ないのか、イメージがわきにくいですよね(^^;; では、お隣りの国、鄭明析先生の故郷である韓国を見てみましょう。 韓国のエアラインと言えば、大韓航空とアシアナ航空。 なんと・・・!! 大韓航空 112都市 アシアナ航空 71都市 の就航地を持っています!! 日本の2倍以上(;゜0゜) なんだか意外に思いませんか? 韓国って、そんなにworldwideだったっけ(・・?) と、今から数年前、イギリス留学時代、「日本と違って、韓国はまだまだ世界で知られていない・・・」と嘆いていた韓国人の友人のことを思い出して、不思議に思いました。 摂理が一番熱い国、韓国。 韓国を中心として、今も、世界に、摂理が広がっていっています。 日本よりずっとworldwideな韓国エアラインの実態は、韓国に神様が働かれている「しるし」なのかもしれないですよね。 今後のLunaの研究テーマの一つになりそうです☆ Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆