Noah’s ARK(ノアの方舟)の地・トルコの話し


先日、こちらの記事 worldwideな韓国エアラインと韓国摂理の行く末で、韓国のエアラインがworldwideだという話しをしましたが、世界で一番、国際線の路線数が多い航空会社は、どこでしょうか・・・??
アメリカ?
ヨーロッパのどこかの国?
という答えが出てくるのが日本人の傾向のように思いますが、
答えは、トルコ航空!!
197の就航地があります。
韓国エアラインの路線数の多さに引き続き、こちらも、一般的な日本人の感覚的には、意外では、ありませんか?
ちなみに、先日から提供している話題、全て、航空業界の一般常識ではありません。笑
摂理CAとしての趣味(というより、執念ですね・・・笑)で、Lunaが研究している次第です。
以前、 映画『ノア 約束の舟』まもなく公開!!
でも書きましたが、トルコと言えば、Noah’s ARK★
旧約聖書の「創世記」で有名な<ノアの方舟>が、最終的に到着した場所が、トルコのアララテ山だと言われています。
他にも、トルコは、旧約聖書「創世記」の主人公であり、信仰の祖先であるアブラハムが誕生した地であり、新約聖書に出てくる、かの有名な使徒パウロが誕生した地でもあります。
また、新約聖書の終わりを締め括る「ヨハネの黙示録」に出てくる7つの教会も、トルコが舞台であり、イスラエルに次いで、聖書と関係ある地が多い場所と言われています。
トルコ航空の路線数の多さにも、神様の歴史と、何か深い関係があるのでしょうか。
言語学的には、トルコ語は、日本語や韓国語と似ているのも、興味深いですよね。
こちらは、また今度、ブログに書きます!
摂理CA・Lunaの、各地を旅しながらの研究、続きます☆
Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆