パイロット&整備士の道ー拓殖大学工学部 国際エンジニアコースのアメリカ留学


CAのタイプは千差万別ですが、機械をいじるのが好き、というよりは、人と接するのが好きな方が多いのは、言うまでもないでしょう。
しかし、CAとして飛びながら、コックピット(操縦室)に憧れるようになり、CAからパイロットに方向転換する人もいます。
整備士に憧れて、整備士になる人もいるでしょうね。
管制官で働く人もいると聞きました。

どれも、「空」「飛行機」と関わる仕事として、つながっていますからね☆

とは言え、Lunaは、パイロットや整備士、管制官には転身しない(いや、できない)こと間違いありませんが(笑)、最近は、こんな大学もあるみたいです〜

拓殖大学 工学部 国際エンジニアコース

2年間のアメリカ留学!!
魅力的☆
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟も、アメリカ人。
アメリカは航空業界が盛んです。
摂理の教会もあるし、学生時代イギリスに留学したLunaは、アメリカ留学がちょっと憧れであります・・・(笑)

最近出来たばかりのコースのようなので、まだこのコースからパイロットや整備士は誕生していないでしょうか。
近いうちに、拓殖大学出身の方々と、一緒に仕事できることを楽しみにしています(^O^)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/1820
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆