電通大で夏の子供向けイベント開催ー宇宙の不思議と生命の不思議


幼稚園や小学校は、夏休みに入りましたね!!

機内は、突然、子供達にあふれ返り、CA達もテンヤワンヤです(^^;;笑

夏休みには、子供向けに様々なイベントが開催されるものですが、電気通信大学で、こんなイベントがあるようです☆

子供と学ぶ科学実験講座「宇宙の不思議と生命の不思議 ~天体の話とDNAの抽出実験~」

飛行機が飛ぶところを、はるか越えて、宇宙の話しですが、楽しそう!!
これ、Lunaが行きたいです(笑)

飛行機に乗って、空から地上を眺めると、自然の偉大さや、文明の偉大さを目の当たりにします。
一方で、人間の小ささも感じます。
そして、摂理の御言葉を振り返るのですが、Lunaもそうであるように、空で、人生について考えさせられるシチュエーションは、パイロットやCAはもちろん、お客様にもよくあることなのではないかなと思います。

ましてや、宇宙へ行ったら、尚更でしょうか。

いや、実際に、宇宙には行かなくても、飛行機には乗らなくても、空のことを考え、空の研究を深めれば深めるほど、地で生きる生命の不思議が見えてくるのかもしれないですね。

つながっているものは一つだ。
(2015年7月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

空と地と、宇宙と生命と、意外なつながりを見出した時に、人生に味が出てくる気がします☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆