機内も夏休み♪ 思い出づくりのお手伝い


幼稚園〜大学生は夏休みに入り、機内も、夏休みモードです。

1年に一度や、数年ぶり、もしくは、初めて、飛行機に乗られる方も多くいらっしゃるのが夏休みのシーズン。

本当は、オールシーズン、多様なバックグラウンドのお客様が、いろいろな思いで乗っていらっしゃるのですが、やはり、夏は、より幅広い世代のお客様と機内でお会いできて、特別な感じがします。

摂理ブロガーのシロさんも、摂理ブログ摂理の笑顔ー壮年部ママより主人のお父さん、私のお父さん という記事の中で、旦那様のお父様が飛行機を使って、遊びにいらしたという話しを書いていました。

CAは、機内にいらっしゃるお客様としか関われませんが、機内に乗る前と、乗った後には、こんなストーリーがあるのだなぁと、CAとしても、ほっこりさせられた記事でした。

夏の良き思い出づくりのお手伝いをができるように、Lunaも頑張ります(*^_^*)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆