広島原爆投下から70周年に捧げるCAの祈り


広島原爆投下から70年が経ちました。

70年前。
飛行機が見えたら、人々は、怖くて、防空壕に隠れたのではないでしょうか。

2015年夏。

70年経って、機内は、家族旅行を楽しむ子ども達に溢れ返っています。
70年前に亡くなった方達は、こんな日が来るのを、夢のように、切実に待ち望んでいたことでしょう。

この世の肉体の核、原子爆弾は<考え>だ。

ひとつの民族の主権者も「考え」を間違ったら民族が滅びる。

<考え>によって「栄えるか、滅びるか」が左右される。

(2015年8月6日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

70年前、人間が<考え>を間違ったから、世界中で戦争が起こり、悲劇が生まれました。

この時代も、そうでしょう。

もちろん、日本では、今日も、空の上を軍機が飛ぶことはないでしょう。
だから、平和なように見えるでしょう。
でも、ちょっと考えを深めてみたら、私達は、大事なことをたくさん忘れているのではないかと思います。
その積み重なりが、いつの日か、また戦争を引き起こしてもおかしくないのかもしれません。

神様、聖霊様、御子主よ。
今日もLunaはフライトです。
70年前に人々に悲しみと絶望を与えた飛行機で、今は、人々に笑顔と希望を与えられることに、本当に本当に感謝します。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/2006
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆