飛行機が飛ぶために必要なものは?ードラマ「ミスパイロット」より


摂理に来る前、Lunaは、漫画も読まなければ、ドラマも見なく、映画もTVも見ませんでした。
代わりに、本は、たくさん読んでいました。
(でも、小説よりは、伝記や新書、自己啓発本、専門書が好きでした。笑)

おかげで、今も、機内に、芸能人や有名人が乗ってきても、全然わからず、正直たまに困っています。笑
(まぁ、だからと言って、見ようという発想にはなりませんが。)

前置きが長くなりましたが、Lunaが見たことのある数少ないドラマの一つが「ミスパイロット」。
2013年、フジテレビがANAと共同で制作したドラマで、パイロットを目指す女性の奮闘記です。

小さい頃からドラマに興味のないLunaが、わざわざこのドラマを見た理由はただ一つ。
業界人、摂理の現役CAとして、見なければ!と感じたからでした。
実際、摂理の御言葉を聞いている現役CAとして、このドラマを通して、神様が悟らせてくださったことは、とても多かったと思います。
(あ、でも、皆さんは別に見なくていいと思います。笑)

その「ミスパイロット」で、壁にぶつかっているパイロット訓練生と、彼女の指導教官とが、こんなやり取りをする場面があります。

教官「飛行機が飛ぶために必要なものは?」

訓練生「翼!」

教官「ブッブー」

訓練生「エンジン!」

教官「ブッブー」

訓練生「えーわかんない・・・」

なかなか面白いやり取りですよね。

皆さんは、答えは、何だと思いますか??

答えは、いろいろあるでしょう。
翼やエンジンも、間違いではないと思います。

ただ、このドラマの中での答えは、<助走>でした。

パイロット訓練生がパイロットになるまでの道のりは、決して易しくはありません。
途中、諦めたくなるような困難がたくさんあります。

でも、思えば、飛行機も、いきなり飛ぶことはできません。
最初はゆっくり動き、徐々に加速していって、最後にはものすごい勢いをつけて飛び立ちます。

これら全ての<助走>があってこそ、飛行機が飛ぶ。

パイロットになるまでもそうだし、人生も同じということですね。

飛行機と人生。
深いです。

摂理の御言葉にも、飛行機の喩えがたくさん出てくるのですが、毎日飛行機に乗りながら、Lunaが悟るべきこととは、何でしょうか。
まだまだLunaは、神様のメッセージをしっかりと受け止められていない気がして、とてももどかしく思います。

今こそ、Lunaの人生の<助走>期間なのかもしれません。
でも、いつまでも助走しているわけにはいきません。
時になったら、飛び立たねばなりません。

しっかり<助走>して、高く、遠くへ飛び立ちたいです!!

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/2165
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆