ハッピーフライトを支えるもの


「明日のメンバー知ってる?」

「知ってる!すごくいい方だよ〜!」

「あーよかった!じゃあ明日はハッピーフライトだね*\(^o^)/*」

CA達の間で、よくある会話です(笑)

当摂理ブログ名には、「ハッピーフライト」という単語が入っていますが、「ハッピーフライト」を支えるのは、実に、一緒に飛ぶメンバー。

「ハッピーフライト」という言葉は使わないにしろ、メンバーが良ければ何が起こってもハッピーフライトと考えられるし、メンバーが悪ければ休みたい・・・というのは、CAの共通の認識だと思われます(笑)

それだけ、「誰」と一緒に働くかって大切なんですね。

CA達が楽しく働いていないと、お客様を楽しませることはできません。
だから、接客業に携わる者としては、本当に、「誰」と働くかの重要性をとても感じています。

先日、

Lunaさんとご一緒できて良かったです!
今日はLunaさんと一緒で楽しかったです!

と言われて、とても嬉しかったのですが、それは、いつもLunaが摂理の御言葉を考えながら、主と一緒に、楽しくフライトしているからだと思って、主に感謝しました。

Lunaさんとご一緒できて良かったです!
今日はLunaさんと一緒で楽しかったです!

いつもそう思われるように、これからも主の帆を刺して、楽しくフライト頑張ります☆

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆