国産飛行機MRJ楽しみ*\(^o^)/*


日本を含めて、世界の飛行機は、アメリカのボーイング社とフランスのエアバス社が製造しているものがほとんどです。
日本の代表的な航空会社であるJALやANAも、国産飛行機を保有していないのは、ちょっと残念です。

しかし、約半世紀ぶり、つまり、約50年ぶりに、ついに国産飛行機が誕生します!!

三菱・MRJ、10月下旬にも初飛行 – 産経ニュース

ボーイング787と同じく、MRJも世界で最初にANAが納入するとは、さすがANA。
新しいものを積極的に取り入れ、果敢に挑戦していく姿勢は、摂理の御言葉と重なり、摂理の現役CAとして、Lunaも見習いたいと密かに思っています☆

ANA以外にも、世界の航空会社が納入するようになったらいいですね!!

MRJでフライトする日が待ち遠しいです*\(^o^)/*

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆