摂理で培った精神ー肯定的な考え方


どんな世界も一緒だと思いますが、CAの世界も、ストレスフルな世界。

どんな人がCAに向いてますか?

とよく聞かれますが、ズバリ、タフな人が向いていると思います。

CAを、お茶を配ってるだけの、誰でもできる楽な仕事だと思う方もいらっしゃるようです。
(これは、キャリア志向の高い女性に多いですね。先日もあるキャリアーウーマンにそう捉えられました。。。確かにそういった面もありますので、気持ちはとってもよくわかりますが。笑 でも、ちょっと誤解かも。)

実際は、気圧と不規則な勤務、肉体労働、時差で、体力をかなり消耗しますし、保安面では常に!飛行機が安全な状態であるか神経を研ぎ澄ませ、サービス面でも常に!お客様に気をつかいます。
更には、会社によりますが、先輩にも(お客様以上に)気もつかい、この人間関係・上下関係がうまくできなくて、辞める人も多いです。

そんな中で、うまくやっていくための秘訣。

肯定的な考え方ができるかどうか。
強靭な精神を持っているかどうか。

Lunaが、どこで、精神力を磨いたか。

摂理に来る前から、それなりに波乱万丈の人生だったLunaは、摂理と出会った時に、自分が摂理体質(天国体質と言うのでしょうか)だと感激したので(笑)、摂理に来る前から磨かれていたのは確かです。

しかし、摂理に来て、摂理の御言葉で、より磨きがかかったのも、事実です。

先日、

「Lunaさんは、難しい状況が起こった時に、肯定的に考えられるんですね。素晴らしいです。」

と、嬉しくも上司に、そう評価されました。

これは、決してLuna個人の自慢ではなく(笑)、摂理の自慢です!!

そのような精神を教えてくださった鄭明析先生を誇らしく思い、摂理に来る前から生活の中で鍛えてくださった神様に感謝しました。

肯定的な考え方は、CA特有のものでなく、全ての職業で成功するために必要な共通要素だと思います。

目に見るとおり、心で考えるとおりだ。

何を見るか、考えるかによって、左右される。

人間は見たら見ているものを考え、聞いたら聞いているものを考えるようになる。
だから<正しくもの、良いもの>を「見て聞いて考えるようにさせること」だ。

(2015年9月1日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

普段、何を見て、何を聞いて、何を考えるかが、人の精神や考え方を作ります。

摂理の御言葉で、神様と一緒に変化していく醍醐味を、もっと多くの人が味わえるようになったらいいなと思いました☆

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆