日本人に世界宣教の御心があるワケ


先日、香港のスーパーで、買い物をしていた時、韓国語が目に飛び込んできました。
韓国海苔や高麗人参茶をたくさん売っていました。
ひと昔前(て、一体いつのことやら、という若い読者の方もいらっしゃると思いますが。汗)までは、海外で日本製品を見つけることはあっても、韓国製品を見つけることはなかったと思います。
時代が変わったのですね~

香港は、広東語が公用語ですが、イギリスの植民地だったこともあり、英語も通じます。
また、英語は世界共通語ですので、英語の表記が一切ない国というのは、あまりないですよね。
世界共通語ということが関係しているのかはわかりませんが、世界のどこでも、英語圏の輸入製品がない国も、珍しいと思います。
もちろん、香港にも、英語圏の製品もありました。

そのため、香港のスーパーには、王道の香港製品もあれば、日本人の心奪われる(Lunaだけかもですが。笑)日本製品もあり、摂理の故郷である韓国製品もあり、また、英語圏の製品もあるのですが、無意識のうちに、英語と日本語と韓国語と中国語と全部を読んでいて、瞬間悟ったことがあります。

まずは、

あ!私、全部読める!

ということ。

ちなみに、4か国語話せるわけではありません。
Lunaは、そんなデキる女ではありません。(そんなこと、Lunaがわざわざ言わなくても、ブログを読めば察すると思いますが。笑)

でも、日本語は母国語(笑)、英語はそれなりに話せ、韓国語はちょこっとだけ勉強したので、ちょこっとだけわかります。
それから、中国語もちょこっとだけ勉強したのですが、中国語の場合は、勉強していたからというよりは、日本人ならば、漢字から勘でなんとなく意味がわかります。(わー!すなわち、中国語を全然マスターできていない、Lunaの頭が悪いこと大公開ですね・・・笑)

前置きが長くなりましたが、無意識のうちに、韓国語と英語と中国語と全部を読んでいて、「あ!私、全部読める!」の次にLunaが悟ったことは、「日本に海外宣教が置かれている御心」でした。

英語は世界の共通言語なので置いておいて、

日本語と韓国語は文法的に似ているので、韓国語が一番上手になるのは日本人だと言われています。(逆も、また然り。日本語が一番上手になるのは韓国人だそうです。)

日本語は漢字を使うので、中国語はできなくても、比較的、漢字から意味を察しやすいですし、中国語も日本人が一番勉強しやすいと思います。
韓国でも漢字を使いますが、日本ほどは、使わないですよね。
(参考までに、イギリス留学時代、Lunaは中国語のクラスを取っていたのですが、頭の悪いLunaが唯一成績トップだったのが中国語のクラスでした。なぜなら漢字が読めるから。ヨーロッパの方々には大変そうでした。)

英語、中国語、韓国語、日本語が話せるようになれば、世界の人と話せるようになると聞いたことがありますが、この4か国語をマスターしやすい民族も、日本人なのだと、ふと思ったのでした。

そういえば、航空業界でも、最近は、英語+アルファで、中国語か韓国語が話せる日本人CAの需要が高いですね。

摂理のマンデーも4か国語対応。

マンデーも使いながら、是非、Lunaも4か国語マスターしてみたいです。
夢の、そのまた夢の話しですが、夢は大きく!!
頑張ろう☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆