CAに憧れる女子大生へ送る摂理の御言葉


今の時代、女性の仕事の選択肢の幅は広がりました。

そのため、昔よりも、だいぶ人気低迷中ではありますが、今でも女子大生が憧れる仕事の一つがCAだそうです。

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

そんなCAに憧れる女子大生のみなさんから、よくいただくお問い合わせの一つが

 

「CAさんて、みんな美人ですよね?」

「美人じゃないとなれませんよね?」

 

日系・外資各社にCAの友達がたくさんいる現役CA・Lunaが、ハッキリお答えしましょう。

 

答えは、No!!

断じてNo!!です。

現役CAとしては、「もちろん、みんな美人です!」と言ってみたいけれど、そうは言えない悲しい事実・・・笑

 

出張などで飛行機によく乗られる方なら、ご存知だと思いますが、それほど美人じゃない人もたくさんいます。

Lunaも、全然、他人事じゃありません。

でも、そもそも、CAが美人である必要があるか?

ということを考えたら、美人である必要がないことがわかりますよね。笑

美人よりも、飛行機を安全に飛ばしてくれる人、お客様に感じ良く対応できる人が重宝されるのは当然のことです。

 

「えーでも、飛行機乗った時、CAさん美人だった・・・」

 

とおっしゃる方へ。

 

それは、たまたま美人だったのかもしれません。

もしくは、制服とメイクで、かなりの数の凡人が、機内限定で、特別美人に見えるのも事実です。笑

 

また、スタイルがいい人が採用されるというのも、都市伝説。

ま、制服のサイズがある程度決まっているのと、機内は結構狭いので、あまりにビックサイズだと働く上で支障はあると思いますが、小柄や細身の人は、かえって不利になり得るかも。

Lunaは、某外資系航空会社のグループ面接時に、大柄の外国人面接官に、まさかの体重を披露させられ(5人中、質問されたのLunaだけ。涙)、「もっと食べないとね!君の体重では仕事に支障がないか心配だよ」と言われました・・・笑

ちなみに、Lunaは大食いなので、悔しい思いをしました。笑

 

「ダイヤモンド」は削って、磨いて、作る前に栗ほどの大きさで、丸々とした形だとしても数十億ウォンもする。

形がなくても価値がものすごい。

「人間」も、外見がぱっとしなくても、その心・精神・行ないが全能なる御子と一体になって、天の前で中心として認められた人は、その値打ちが栗ほどのダイヤモンドの価値を持っている。

人間は体重より、人格の重さと知恵と知識の重さを計算し、その肉と霊が誰に似たかを計算する。

(2012年9月13日  摂理・鄭明析牧師の御言葉)

 

CA試験も、外見ではなく、内面重視です!!

摂理の御言葉で内面磨き☆頑張りましょう(*^_^*)

 

Luna

 

 

 

 

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/241
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆