誰の力で引き上がるか


「Lunaさん!さっきも私言いましたよね?一度言われたことは、改善しようと努力する姿勢はあるんですか?」

(T_T)

これは、実際に、Lunaがフライトにあたって、先輩から注意を受けたことです。

前日に注意を受けたミスをまた犯してしまい(小さな些細なミスなのですがミスはミス)、言われたそばから、次の瞬間にも、またミスをしたLunaへの、先輩からのお咎めでした。
改善しようと努力する姿勢は、もちろんあるのですが、新しく取り組み始めた業務だったので、まだ習慣になっていなく、身体がついていかないんですよね。
気をつけようと思っていても、慌ただしいサービス中には、他にも気をつけるべきことはたくさんありますし、習慣になっていないと、すぐには直らないものです。

Luna「改善しようと努力する姿勢・・・はい、あります・・・」

先輩「では、なぜ、できないんですか? 」

先輩「申し訳ございません・・・」

その後、呼び出され、こう言われました。

「一度言われたことを、何度も注意されるとは心配です。一度言われたことを、次には改善できないのだとしたら、Lunaさんは、ご自身の力で引き上がることはできない、努力が足りないとみなします。」

(T_T)

泣きませんが(笑)泣きたくなるような、厳しいお言葉です。

それにしても、聞き慣れない「引き上げ」という単語を先輩が使ったのが気になりました。

その日、帰宅して、なぜ、Lunaがあんなミスを何度もしたのだろう、と反省しながら、「引き上げ」という単語について考えて、お祈りしていた時のことです。

「自分の力で、誰が引き上げられるだろうか。」

という悟りが来ました。

引き上げとは、言い換えれば、変化。
ステップアップすることだと思います。
Lunaの力と努力では、ミスを犯さないくらいには引き上がるかもしれませんが、Lunaの力と努力では、引き上げの限界があるという、当たり前のことが頭をよぎりました。

そして、結局、Lunaが、生活の中で、サービスが慌ただしく、忙しいからと言って、瞬間でも主を忘れていることを思い知らされました。
だから、聖霊様が感動を与えて、Lunaが同じミスを犯し、先輩から「引き上げ」についてお咎めを受けるようにしたのでしょうね。

主を忘れたら死ぬ!

忘れないで、いつも呼んで、仕事も完璧にこなす、つまり、「三位と一緒に生活しながら生きる愛の生」には、Lunaも、まだまだ程遠いということですね(。-_-。)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆