お肉が熱いうちにお客様へサービスしなさいー「ほかほかのご飯」と「ほかほかの御言葉」


「お肉できました!早く運んでください!」

機内でよく見られる光景です。

新人時代、のんびりして(いたわけではないのですが、新人は、動作が遅いものです。)、早く運ばなかったら、先輩にこっぴどく叱られました。

「冷めちゃうでしょ!!お客様に冷めたものを提供するつもりですか!?」

Lunaは、CAになる前、ホテルのレストランで働いていた時代があったのですが、その時も、ウェイターが少しでももたもたしていて、出来上がった料理をすぐに運ばないと、シェフがカンカンになっていたものでした。

ご飯は、ほかほかのうちに、お客様に召し上がってほしい。

これは、食事を取り扱う者にとっては、決して譲れないポイントだと思います。

だから、今週の御言葉が、CAとしても、とっても心に響きました。

お肉も熱いうちに食べると美味しいように、御言葉も、熱いうちに聞いてこそ美味しいし、御言葉を聞いて、心が熱くなったうちに、早速行ってほしい聖霊お母様の心がとてもよく伝わってきました。

他でもない(教育熱心な)Lunaの母も、Lunaが小さい頃、

「ご飯でーす!」

と呼ばれたのに、あともう少し!と勉強を続けたら、いつもすごく怒りました。
勉強しているのに、どうして怒られなければいけないのだろう、とその時は母の心情がわからなかったけれど、大人になって、CAとしてではなく、Lunaも料理をして誰かにご飯を食べてもらう側になってみると、

「Luna!早く来なさい!ご飯が冷めちゃうでしょ!熱いうちに食べてほしいの!」

と言っていた母の心情が、よくわかります。

これからは、機内で、ほかほかのお食事をお客様へ提供する度に、必ず聖霊様とお話しし、24時間いつでも、聖三位中心!!
主の願っていらっしゃることを、いつもすぐに実践する人になろう!!と誓いました★

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/2686
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆