大きなビジョンを持つと見えてくる太陽の光


ある日、仲良しの後輩CAと久しぶりにランチ♡

お悩み相談にのりました。

小さい時からCAになりたいと思って目指していて、しかも、その中でも入りたいと思っていた念願の会社に入って数年。
理想と現実は違った。
身体も心も壊しそうで、もう辞めたい。
いや、もう辞めると決めました!
しかし、辞めて、次に何が待ち受けているのだろう。
人生お先真っ暗。
光が見えません。
見えたとしても、かすかな灯火です。
どうすればいいですか。

という深刻な悩みでした(;_;)

意外に思われるかもしれませんが、こういう悩みは、決して珍しくなく、CA達に、よくある悩みです。

Lunaさんは、精神的にタフですよね。
どうして、そんなにいつも輝いているんですか(T_T)

涙ながらに聞いてきた後輩に、Lunaが話せることは、ただ一つ。

それは、摂理にいるから。

人や会社は国は、自分の人生を保障してくれる場所ではないです。
人生は、神様に委ねた時に、一番安心です。

そして、CAになりたい!〜会社に入りたい!といった目先の小さな夢ではなく、日本を変えたい!世界を変えたい!といった、もっと大きなビジョンをもった時に人は輝くものでしょう。

大きなビジョンは、大きな考え方から来ますが、最も偉大な考え方は、神様から来るものだと思います。

といった話しをしたところ、Lunaの話しに納得した後輩が目を輝かせて、こう言いました!

今日はLunaさんと話して、光が見えました!
今まで、だいぶ長いこと、地下にいて、久しぶりに太陽の光が見えた感じです!!

その表現が面白すぎて、笑ってしまったLunaだったのですが、太陽とは、神様の象徴o(^▽^)o

多くの人達が、今まさに、神様に会わねばならない時なのだと実感しました。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/3197
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆