飛行機の不具合と人生ー小さなものを見ること


本当にあった、ある日のフライトの話しです。

飛行機のドアが閉まり、離陸のため、滑走路に向かって、出発しました。

すると・・・

機長から連絡。

「飛行機の不具合を発見しました。GTBします。」
(※GTB:Ground Turn Back=ゲートに引き返すこと)

もちろん、飛行機の不具合など、あってはならないこと。
不具合がない状況を確認してから、お客様にご搭乗いただく手順を、この日も、もちろん取っていました。
しかし、再度離陸前に確認したところ、あいにく不具合が見つかってしまったようです。
見つかった以上は、もちろん、離陸できません。

いずれにせよ、お客様には多大なご迷惑に他なりませんが、GTBして、飛行機のメンテナンスが終了したタイミングで、再度出発するようになりました。

今度は、無事に離陸しました。

そして、無事に目的地にも着いて、お客様が全員降りられた後に、機長から、こんな話しがありました。

「実は、最初に、小さな不具合が見つかって、それは、離陸に問題のない、大したことのないものだったんだよ。
でも、その小さな不具合を処置しようと、機械をいろいろいじっているうちに、大きな不具合が見つかってね。
大きな不具合を見つけないまま離陸していたら、もっと大きなことになっていたかもしれない。
GTBして、離陸が遅れて、お客様にはご迷惑をおかけしてしまったけれど、不幸中の幸いだった。
普通、不具合っていうのは、マイナスの印象だけれども、小さな不具合が、大きな不具合を見つけるのを助けてくれることもあるんだね。」

そうだったんですね。
神様が守ってくださったのだと感じました。

そして、その後に、機長から、もう一言。

「人生もこのようにこうだと思ったよ。」

とても、感慨深い一言でした。

御言葉にも、こうあります。

小さいものを見ることができない人は、大きいものをすべて逃す。
(2010年9月2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

本当にその通りだと、この日の一連の出来事で実感しました。

神様が行なっても、最初は最も小さい目でもよく見えないほど小さくお始めになる。
そうしてだんだんと、目ですべてが見きれないほど大きく行ないになられる。
(2010年9月2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

小さなものを見ることができる人が、大きな人になるのだと思います。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆