ぐちゃぐちゃにしないで、やる時100%やりなさい!


毎日、毎便、お客様が飛行機から全員降りられた後には、機内の清掃作業を行います。
(LCCなど一部の会社では、CA自ら機内の清掃作業をします。)

のんびり、あるいは、ゆっくりと掃除する時間は、一切ありません。
すぐに次の便の、次のお客様達が乗られますので、猛スピードで掃除をしなければなりません。
だから、それはそれは、もうその道のプロばかり!!
テキパキ掃除を済ませるスタッフたちに、Lunaは目を丸くしています。(←邪魔!!)
もちろん、この間CA達も、ただぼーっとつったって、掃除の様子を見ているわけではなく、数百人分のお客様の食事の数を数えるなど、次の便の準備をしていて、猫の手があったら借りたいくらいに大忙しです。

ある日、テキパキ済ませすぎたのか、テキパキの方向性を間違えて、いい加減にしてしまったのか、間もなくお客様が搭乗されるというのに、全然掃除が行き届いていない日がありました。
それで、「すみません、こちらも掃除機をかけていただけますか?」と、「こちら」を指し示して、スタッフ(母国語は英語)にお願いしたところ、Lunaの英語がよっぽど通じなかったのか、違う場所を掃除して降りて行ってしまいました。

他にも、テーブルもふいてなければ、床には、明らかに見える箇所に、ゴミが散乱!!

清掃スタッフ全員が、適当~に掃除したのでした。

忙しいのに!!と怒り狂うCA達・・・

お客様が搭乗される前に、CA達で大急ぎで再度掃除をして、なんとか間に合い、キレイな客室にお客様をお迎えできたのですが、その日1日、なんだか気分が優れず、無事にフライトが終わった後にも、「あの掃除の仕方では困る」という話題で持ち切りになりました。
今頃、「ちゃんと掃除をするように!!」とお咎めを受けていることでしょう・・・

ぐちゃぐちゃにしないで、やる時100%やりなさい!
ぐちゃぐちゃにやったら、やり終わっても矛盾だらけだ。
結局自分にとっても苦痛の素、相手にとっても苦痛の素だ。
何ごとでもやる時に心を尽くし、思いを尽くし、命を尽くして決断して、ちゃんとやらなければなりません!
(2016年6月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

ちょうど次の日に御言葉を聞いて、真っ先に思い出したのが、この日の出来事でした。

ぐちゃぐちゃに、適当にやるから、掃除をし終わっても、ゴミだらけです。
結局、掃除をちゃんとしなかった清掃スタッフにとっても、再度掃除をしなければいけないCAにとっても、汚い機内にご案内されるお客様にとっても、苦痛の素であり、誰にとってもハッピーでありません。

何ごとでもやる時に、100%ちゃんとやらなければいけないということを、神様が見せてくださった出来事だったのだと思いました。

万事すべてのこともそうだし、祈りも、説教も、御言葉の講義も、人に接することも、自分を作って直すこともそうだ。
ぐちゃぐちゃにしないで、やる時100%完全にやりなさいということだ。
そうしてこそ、やってからもうれしいし、ちゃんと効果があらわれる。
(2016年6月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

各自に任された仕事を、やるべき時に100%ちゃんとやって、次は、気持ちよくフライトをしたいです。

同じように、各自の責任分担をちゃんと果たしてこそ、みんなの人生のフライトも、いつもハッピーになるのでしょう。

まずは、<自分>がすべきことをしっかり行いたいものですね。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆