飛行機は自分の力で前進することはできない


先日、初めて飛行機に乗る後輩CA(つまり、CAデビュー日!)に、先輩が指導している姿を目にしました。

すると、こんな言葉が聞こえてきました。

「飛行機は自分の力で前進することはできない」

そうです。
飛行機の前には、牽引車が付いていて、飛行機は、最初、牽引車に引っ張られて、前進するのです。
そのあと、牽引車が離れた後になって初めて、エンジンをフル回転させて、自力で走り始めるのです。

毎日飛行機に乗っているのに、すっかり忘れていました。

それで、

聖霊様!
私たちも、自分の力では前進することはできないですね!
忘れていました。
いつも神様と聖霊様と御子主を呼び求めなければ!

と聖霊様に話しかけました。

その日は、Lunaの頭から神様と聖霊様と御心主のことまで消え去ったのか、いつになく元気がない日でした。

先輩の一言で、目が覚めました。

<神様と聖霊様と御子の愛>も、記憶し、行なう時はうれしく、楽しい。
そうしていてその記憶が消えたら、同時に喜びも希望も消える。

(2016年10月12日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉
「考えを間違えないようにしなさい。記憶してこそうれしい」)

過ぎた日に、神様と聖霊様と御子主がしてくださった多くのことを記憶して、毎日喜んで、一人でではなく、神様と聖霊様と御子主と一緒に行なう人になります!

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/4952
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆