和睦の核心ー謝ること、許すこと、愛すること


海外へ行って、Lunaの特技は、争い事をまるく治めて、雰囲気を良くすることだとわかりました。

それは、機内でも一緒。

「Lunaさん、Rさんとは、うまくいってる?大丈夫?」

ある日の機内の会話。
主張の強い海外クルーと一緒に仕事をしていて、心配されたのでした。
別に、海外クルーだけが主張が強いわけでなく、海外クルーに顔負けしない、主張の強い、怖い日本人クルーもたくさんいますけどね(笑)
その日は、機内のほぼ全クルーが、Rさんに怒られては、Rさんとのバトルが繰り広げられていました。
中でも、一番怒られていたのは、Luna(笑)
Lunaの仕事ぶりが良くないから怒られる頻度が高くなるのもありますが(反省)、LunaがRさんと何かと関わることが多い業務分担だったのでした。
(こういう役回り、小さい頃からよくあります・・・)

「Lunaさん、Rさんとは、うまくいってる?大丈夫?」

心配するクルー達をよそに、結構Lunaは、Rさんとうまくいっていました。
誰よりも、怒られまくっていたけど(笑)

「大丈夫です。怒られまくっていますが、何を言われても、とにかく謝っているので、関係は良好です。」

ケンカが普通の中、とにかく謝り続けるLunaに

「えー謝らなくてもいいよ。Rさんが悪いよ。」

と言うクルー達も少なくありません。
だからこそ、主張をしないLunaが一人いることによって、機内の雰囲気が少し和らぐのでした。

なぜ、謝り続けるのか?

喧嘩は面倒くさいから、とりあえず、とにかく、謝っておこう。

そういう心で謝り続けていたわけではありません。
そうだったら、かえって相手の心を逆なですることもあるでしょう。

神様は、誰が悪いか全く関心がないとおっしゃいました。
主ならば、相手が悪くても、自分が謝るでしょう。

まずは「愛する人」になりなさい!
(2016年7月27日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

謝ること、許すことが、愛すること。

謝ることは、Lunaの特技というより、比較的、日本人が得意としているところかもしれません。

和睦の歴史が、日本から始まりますように!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆