飛行機をゆっくり飛ばすのは難しい


CAにとって、フライトタイム(飛行機が空を飛んでいる時間)がどのくらいかは、いつも死活問題。
働く時間が長いか短いか、という問題もあるのですが、
特に、フライトタイムの短い路線であればあるほど、サービスが終わらないかもしれない!!着陸してしまう!!
というタイムプレッシャーと戦う必要があり、それはそれは、ストレスになります。
そんな時は、フライトタイムが1分でも長ければいいのに・・・と切実に思います。

ある日、フライトタイムの短い路線を飛ぶ時のこと。
キャプテン(機長)からフライトタイムを聞いて、耳を疑いました。

「え?サービス終わるかな・・・」

と、思わず小さい声でつぶやいたLunaに、キャプテンが笑ってセンスある切り返しを。

「飛行機はね、ゆっくり飛ぶのは難しいんだよね~」

そうですね。
飛行機は、ぶっ飛ばすことはできても、ゆっくり飛ぶのは難しいのです。

「笑。大丈夫です、サービス頑張ります」

とキャプテンに伝えた後、キャプテンの一言が妙に耳に残り、瞬間、摂理の御言葉がよぎりました。

<決められた時>が「黄金の時間」になって、毎日前を通り過ぎる。
(2018年2月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

時間は、ゆっくりは進みません。
むしろ、ぼーっとしていたら、あっという間に、飛んで行ってまいます。

飛行機をゆっくり飛ばすことはできないように、時間も待ってくれない。
定められたフライトタイムで何としてでもサービスを終わらせようと努力するように、
あなたも、定められた人生の時間の中で、何としても、今、すべきことをしなさい。

キャプテンとの対話は終えて、すぐに神様と対話しました。

その後、お客様、ご搭乗。
フライトタイムは予定とおり変わらなかったけれど、サービスも終えて、無事に着陸しました。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/flight1/8043
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆