くださった「使命」を忘れないー摂理で送る感謝の生活


今日は、Lunaのフライト生活、初!!のステイ先におります。
感慨深い・・・☆
神様さすが。すごいです。
なんともタイムリーにこの地に送ってくださっています。
今週は、「個性と才能」「使命」について考える週でしたが、みなさん、自身の「個性と才能」を発掘し、「使命」を発見した1週間だったでしょうか?
Lunaにとっては、摂理女性×CAとしてこのブログを書いていることが、1つの「使命」なのだと感じます。
少なくとも、今は。
「使命」は、神様からのプレゼントだと言います。
しかし、タダでくださるものでは、ありません。
このブログが出来あがるまでにも、それなりの、長い道のりがありました。
どんなものも、それなりの苦難、逆境、困難を経た末にくださるのが、理知であり、天の法則なのでしょう。
「現在のもの」も時間が過ぎたらまた「過去のもの」になる。
そうしたらまた忘れるようになる。
<過去>を考え、「現在もらったもの」も貴重に思って、毎日感謝して喜んで管理しなさい。
「過去もらったもの」や「現在もらったもの」を忘れて生きたら、それとなく不平が起こる。
毎日、くださった恵みを考えて、感謝して使いなさい。
(2014年9月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

初フライトを振り返りながら、「過去もらったもの」と「現在もらったもの」を思い出します。
神様がくださった「個性と才能」「使命」に改めて感謝しながら、今週1週間を締めくくり、明日の主日を楽しみに迎えようと思います(*^-^*)
Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆