摂理CAの大好物★九州・福岡「ごぼう天うどん」の深イイ話


日本の地方空港から、国際線もたくさん飛ぶようになったのを見ると、とっても嬉しくなります。
日本の航空会社だけでなく、外資系の航空会社も、たくさん飛んでるんですよ!!
日本人にとっての利便性向上の嬉しさは言うまでもないのですが、日本の地方ならではの魅力を、世界の人たちに知ってもらえるチャンスが広がっているのは、喜ばしいことだなぁと思います(^^)
さて、国際線がたくさん飛んでいる地方空港の1つ、九州・福岡。
ここが「うどん」の発祥地ということを、みなさん、ご存知ですか?
参考までにどうぞ。
福岡市HP
福岡市 博多の豆知識vol.17 「うどんも、そばも、まんじゅうも博多発祥って知っていましたか?」
http://www.city.fukuoka.lg.jp/charm/mamechishiki/chishi
実際のところ、うどん発祥地については、他にも伝説があるようですので、事の真偽はわかりかねるのですが、考えるべきことは、私たちは知らずに享受していることが実に多いのだなぁということです。
毎日、当たり前のように食べたり、使ったりしている物が、いつ、どこから来たのか。
知らないことも知らずに、当たり前のように食べ、使って、それらの恩恵を受けて、生きています。
人生も、同じことが言えるのでしょうね。
「人はなぜ生きるのか?」というのは、古来からの、人類の大きな疑問の1つだと思いますが、人生の目的を探して、思い悩む時もあっても、人生の目的を知らないのに、人生をエンジョイすることも、少なくないのでは。
地球と自然万物の土台がなければ、私たち人間が生きていくことは不可能かと思われますが、その恩恵を受けていることを知らないか、知っていても時には忘れて、享受して生きることもあると思います。
人間は無知だ。
神は知っていて、人間は知らない。
無知を抜け出すように、「絶対者、御子」のことを学びなさい。
無知を抜け出すように御子のことを学ぶためには、御子のことを教える人に会いなさい。
学ぶとおりに無知を抜け出す。
(2013年9月25日 摂理・鄭明析先生の御言葉)

時代の恩恵もまた、私たちは知らないで享受しているのかもしれません。
学んで、はっきりとわかりたいものです。
現在、我々が主からもらい、得るものも、すでに聖書で神様と主が約束したものをもらっているのだ。
しかし、時代の条件を立てて従う人にだけ該当する。
聖書を詳しく読んでみなさい。
神様とイエス様がこの時代のために何を約束したかわかってこそ、もらうことができるし、もらっても価値あるように正しく、主と共に使うことができる。
(2010年8月14日 摂理・鄭明析先生の御言葉)

九州・福岡で、美味しいうどんをいただきながら、摂理の御言葉もしっかりと消化し、人生について深い考察を得る。
そんな旅の仕方を楽しめるのが、摂理人であることの醍醐味かもしれません。
ちなみに、「ごぼう天うどん」かなりおすすめです!!
美味しい(^o^)
他の地域で見たことないので、福岡限定の名品では?
福岡に限らず、九州には、美味しいものがたくさん!
CAの人気のステイ先でもあります。
九州は、キリスト教の歴史とも関係性がありますよね。
是非、九州で、私たち日本人が知らずに享受している様々なことを発見してみては、いかがですか?
ゆくゆくは、それを世界に発信していけたら、素敵ですね☆
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆