美味しいごはんを求めて


「Lunaは、食べるのが好きなんだね~」

とある日、摂理のメンバーに言われました。
摂理ブログをよく読んでくださっているそうです。
ありがとうございます(^^)♪

え、でも、食べ物ネタばかりではないんですけど・・・(-_-)摂理ブログをよく読んでいらっしゃるなら、食べ物ネタばかりではないこと、ご存知ではないですかね・・・(・・;)

と言いたくなりましたが、食べ物ネタも結構多いのは、認めておこう。。。

はい、そうです!Lunaは、美味しいものが大好きです!

しかし、「美味しいものが好き」とは、一見、信仰深い宗教人とは真逆のような印象もありませんか。
Lunaも、機内で、多様な宗教の方々にお会いしますが、宗教によっては、禁じられている食べ物もあるもの。
熱心な信者ほど、それを守って、食べません。

摂理では、宗教的な意味合いで食べてはいけないものはありませんが、摂理でも、「身体に悪いから」食べない方がいいものは、あります。
それらは、もちろん口にしないとして、「美味しいものが好き」なのは、果たしていいことだろうか、悪いことだろうか、と思って、聖霊様に聞いてみました。

「聖霊様、Lunaは、自他ともに認めるグルメ好きで、食のこだわりが強く、美味しいものが好きな方だと思うのですが、このような嗜好はダメですか」

すると、聖霊様が

「天国の食べ物も美味しいわよ!」

と教えてくれた感じがしました。

「そうですよね!天国の食べ物は、地上の食べ物より、もっと美味しいと聞きます!」

と続けて、聖霊様と対話してみたら、

「食べ物は、美味しく、料理しなきゃ。美味しく、食べなきゃ。御言葉も、みんなが美味しく食べられるように、美味しく料理するでしょ。」

という、聖霊様の声が心に聞こえてきました。

「わーい\(^o^)/これからも美味しいものをたくさん食べてもいいですね!これで、気兼ねなく、思う存分、美味しいものを食べられます!」

と喜んだLunaに、聖霊様が深い悟りをくださいました。

そのように、主が、いつも御言葉を美味しく料理してくださっているんですね。

そして、主に告白しました。

主よ。
御言葉をいつも美味しく料理してくださって、感謝します!
私は海外に行くことが多いのですが、ごはんを食べる時に、海外のごはんが口に合わなくて、美味しくないと、お腹はいっぱいになっても、心が満たされる感じがしません。
ごはんの時間が苦痛の時間になります。
それと同じように、御言葉のごはんも、主が伝えてくださる時には、とっても美味しく料理されているから、本当に美味しくいただくことができて、幸せと喜びに満ちるのに、素材は同じでも、私たちが料理した時には、美味しくないごはんになってしまっていないでしょうか。
御言葉を美味しく料理しなければ、それを聞いた人たちが、美味しくないと言って、苦痛を感じて、二度と、御言葉に触れないようになってしまいます。
お腹を満たすごはんだけでなく、霊魂の糧となる御言葉のごはんも、もっと美味しく料理して、美味しく伝えられるように、研究しますね。

ここまで整理して、ブログを書いていたら、ふと、思い出したことがありました。
それは、摂理に来る前のこと。
Lunaは、もともと途上国の貧困問題に関心があり、摂理に来るまでは、美味しいものをいただくことに、後ろめたさを感じていました。
「Lunaだけ、美味しいものを食べていいのかな。貧しくて食べられない人は今日何人いるだろうか。この国の食材は、どこから来たのかな。人権搾取していないかな。」と、美味しいものを食べても、心から喜べず、とても辛い日々を過ごしました。

その先に、見つけた、真理の御言葉。
貧困問題の解決策も、御言葉にあると、今は分かったから、美味しいものを嬉しくいただけます。

肉のごはんも、霊魂のごはんも、美味しくいただき、飢え乾く人達のいない世界になりますように。
Lunaのグルメ日記には、そんな思いも、いえ、そんな思いが、本当は一番込められているかもしれません。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆