日本にしかないオムライス


洋食を作りました☆

洋食って、西洋の料理ではなく、西洋の料理法を用いて日本風にアレンジしたもの。
オムライスは、海外には、ありません。
それもそのはず。
オムライスとは、オムレツに、ライスを入れたものです。
欧米では、ライスではなく、ブレッド(パン)をいただきます。
お米をいただく日本ならではの文化が、オムレツと融合して、出来上がった料理ですね。
日本人って、取り入れるのが、本当に上手な民族だなあと思います★

最近流行りのオムライスは、卵がとろっとろっのものが多いですが、今日は、オーソドックスに、硬く焼きました。

左手にあるのは、クラムチャウダー。
正式には、ボストンクラムチャウダー。

以前、ニューヨークで、マンハッタンクラムチャウダーを頼んだら、赤くてビックリしたのですが(笑)、ビックリするLunaが知識不足だったのでした(^^;;
日本でよく飲まれるのは、ホワイトソースベースのクラムチャウダーですが、トマトベースで作るクラムチャウダーを、マンハッタンクラムチャウダーと呼びます。
マンハッタンも、すごく美味しいので、是非、召し上がってみてください〜!

オムライスのトマトソースも、サラダのドレッシングも、自分で作って、美味しくいただきました(*^o^*)
なんでも手作りって、やっぱり、いいです。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆