バターチキンカレー


最近、教会に行けないために、家に引きこもってばかりいる気がするLunaです。笑

フライトはしているのですが、(コロナウイルスとは関係なく)ちょうど仕事も落ち着いていることもあり^ ^

ブログに加えて、しばらくちゃんとしていなかった料理も<復活>し始めました。

本当、自身の生活を様々に見直すには絶好の機会です\(^-^)/

バターチキンカレーを作りました。

美味しく作るための秘訣、メモ書き。

・下準備として、鶏肉をヨーグルトにつけておくと柔らかくなります。冷蔵庫で30分はちょっと少なめだったから1時間は置きたい。

・鶏肉の下準備に時間をあまりかけられない時は、一度焼いてから煮込めば、煮込んだ時にかたくなりすぎるのを防げるかな。

・砂糖より蜂蜜を使った方がコクが出て私は好き。

・パウダーは、カレー粉だけで作るレシピが多めだけど、カレー粉だけだとパンチがきいてないかも?日本人受けするマイルドな仕上がりにはなるが、もっとインディアンを楽しみたいためには、クミンパウダー、コリアンダー、チリパウダーなども入れること必須!

・上記を入れないバージョンの場合。味付けが物足りなかったら、スパイスに、最後ガマラマサラを後からかけると良い。

・ターメリックライスも美味しいけど、ナンも良さそう!

料理はもともと好きなのですが、心と時間に余裕がないと、なかなかできなくて。。。

しかし、外食や、お惣菜を買う生活が続くと、身体もですが、何か心も満たされない毎日。

自分で作る(誰かが作ってくれてもいいけど笑)手料理が一番美味しいなと思うこの頃。

鄭明析先生も料理が得意とおっしゃっていましたが、料理から悟ることも、いろいろあります。

ちなみに、パンチがイマイチ効いてないチキンカレーを味見した時に、私の摂理人生も、今、何かスパイスなるものが足りないのだと思いましたよ(-_-;)

まずくはない、いや、むしろ、普通に美味しいのですが、超〜〜美味しい!これは絶品!!と歓声をあげるまでではない、みたいな。笑

(ちなみにLunaの舌はわりとこえてます。仕事柄美味しいものをいただく機会も多いので。料理をお出しするお仕事ですしね。)

人生は「考える味」だ。

人生は「考え」で「味」を出し、生きていく。

また、人生は「考えたことを行なうこと」で「味」を出して生きていく。

201513日 明け方の箴言

Lunaの考えと行ないがイマイチということですね(;_;)

今年は、料理も頑張りながら、信仰の次元を上げたいです♬

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆