「ありがとう」この一言の大切さ


先日、ある中国人の方が「日本人のお婆さんは怖い。ショックだ」とおっしゃって、少し怒っていらっしゃる様子でした。
詳しく話しを聞かせてもらったら、日本に来てまだ間もないそうなのですが、電車の中で、その方が日本人のお婆様に、席を譲ったそうなのです。
そうしたら、「結構です!」と冷たく言い放たれて、それが、とても怖かったし、とてもショックだったということでした。

「席を譲ったら断られた」というのは、よく聞く話しだと思います。
「私はまだ元気です!!席を譲られるような歳ではありません!!」と、断る気持ちも、とてもよくわかる気がします。
女性なら、尚更、年齢を上に見られることに敏感かもしれないですね。

でも、その方は、日本に来たばかりの中国人だったから、「その人が怖かった」ではなく、「日本人のお婆さんは怖い」とおっしゃいました。

ここで考えられることは、様々にあるでしょうけれど、Lunaが一つ思ったのは、<言葉>はとても大切だなということでした。

言葉が重要だ。
言葉で相手を傷つける時もある。
だから言葉が恐ろしいもので
だから言葉が大事なのだ。
傷つける言葉は
相手の心を痛める。
相手の力を失わせる。
(2014年2月10日 摂理・鄭明析牧師の御言葉 「言葉の威力、言葉が創造することができる創造根本の生成原理」)

「ありがとうございます。でも結構です。」

せっかく席を譲ってくれた、相手の優しい気持ちに、「ありがとう」と一言添えるだけで、だいぶ印象が変わるし、互いに良い関係が持てるでしょう。

「結構です」と相手の好意を否定する日本人ではなく、「ありがとう」と相手の好意に感謝する日本人の姿が、世界に伝わっていったらいいなと思いましたし、<言葉>に気をつけようと思いました。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆