仕事を溜めない快感☆


2016年のLunaの目標の一つが、仕事を溜めないこと!

2015年は、それなりに多くの仕事をこなしたのですが、何度も仕事を溜めては、仕事が重くのしかかってきて、その重圧に耐えるのに、必死でした(笑)
耐えるだけでは、仕事はますます溜まりますから、力を振り絞って、一つ一つ、仕事を片付けてきました。
しかし、1日1日「もう少し」頑張って、その日の仕事はその日のうちに確実に片付けていれば、どんなによかったことか・・・と何度思ったことでしょうか(>_<)
仕事を溜めなければ、もっと他のことに時間も投資できるのに、毎日のちょっとしたサボリが、積もりに積もって仕事か溜まるから、小さな仕事が大きくなり、片付けるためには、力を振り絞らねばなりませんでした。
おかげで体調まで崩すこともあり、呆れるほど非効率です(・・;)

仕事はその時にやらなくてたまるのであって、多くてたまるのではない。
仕事をすべき時にしないで、必ずすべきことがあるのに、必要のないほかのことをするから、自分のすべきことがたまるのだ。
(2010年6月17日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

うわ、数年前の御言葉でも、言われている(・・;)

これではいけない!と2016年は改心し、その日にすべき仕事はその日のうちにするように、徹底しております。

おかげで、去年と同じ分量の仕事を半分くらいの時間でできるようになり、残りの時間で、新しいことに取り組めるようになりました!
この時間を、疎かになりがちだった健康管理の時間にも当てられて、体調も良好!
仕事を溜めない快感で、毎日、心もハッピーです(^-^)

仕事を溜めない快感☆

みなさんも是非、味わう1年にしましょう!
(とっくに味わっている読者のみなさま、すみません〜(>_<))

<時間>は「ちゃんと」使わなければならない。
ただ流してしまうのではなく、余裕綽々(しゃくしゃく)にしていて流してしまうのではなく、十分すべきことをして、未練なく十分使わなければならない。
そうしてこそ何ごとでも「ちゃんと」できる。
(2016年1月3日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆