価値がわからないと一緒に暮らせない


先日、既婚のCA達が、こぞって、旦那さんの悪口を言っていました。

好きで結婚したけれど、もう顔も見たくない。
適度な距離を保ちたいから、毎日家に帰れないこの仕事がちょうどよい。
子どもがいなかったら、一緒に暮らす理由もない。

などなど

・・・CAこわ( ;´Д`)

こうして離婚するCA達も多いのが現実です。
確かに、Lunaが男性だったら、こんなことを言っている女性とは一緒に暮らしたくないです。爆

価値がわからないと一緒に暮らせないという摂理の御言葉が胸に響きます。

しかし、このことは、CAの世界だけの話しではないでしょう。

結婚コンサルタントが仕事となり、それにまつわる本が大量に売られている現代、<幸せな結婚生活>は、社会の大きな関心の一つだと考えられそうです。

こうした時代に、幸せな結婚生活を送っている摂理のママ達と、結婚「できない」のではなく結婚「しない」摂理の麗しい独身女性達は、今後、注目を上げていくのではないかと感じざるを得なかったのでした。

それにしても、これだけ不幸せな結婚生活を送っている人がいる中で、結婚が人生最高の幸せという風潮が変わらないのは、とても不思議です。
不幸せな結婚生活を送っているCA達が、「Lunaちゃんは結婚の予定ないの?」と結婚を押してくるから、ますます不思議です。

みんな、何か、結婚催眠術にでもかかっているのだろうか・・・・・・

人間の愛には、限界があるけれど、神様の愛には、限界がない。

そんな当たり前のことに気づいた時に、結婚しても、しなくても、幸せな人生が待ち受けているのではないかと思います。

神様の愛の価値を、わかるようになりたいですね。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆