個性の時代、個性の光を放とう!


ちょっと苦しいことがありました。

ある人が、ある企画をしよう!と提案してくださったのですが、Lunaの個性と能力には負えない気がして、なんとなく、しっくりきませんでした。

頭で考えると、よくわからなくなるけれど、自分の心に合わないことって、感覚でわかるものだと思います。

それで、丁重に断ったのですが、「こんな美味しい話しを断るなんて!!」と、相手の逆鱗にふれてしまったようでした・・・

相手の怒りを鎮めるには、Lunaの心を打ち砕き、無理矢理その企画を受け入れることしかなさそうだったのですが、Lunaが壊れてしまいそうで、涙涙涙涙涙。
なんで、こんなに怒られなきゃいけないのかもよくわからなくて、涙涙涙涙涙。

どれだけ泣いたかわからないほど泣いた後に、ある人がこう言いました。

「今は個性の時代だからね。Lunaちゃんの個性が活かされることをすればいいよ」

アーメン。

神様が各自にくださった個性と才能がある。
それが活かされるところがどこかは、ただ主のみがご存知です。

私達は、大きいことをするために、生きているわけではありません。
まるで「大きいこと」ができる人がプロだというような風潮もあるけれど、誰かが大きな話しを持ってきたとき、「大きいこと」に惹かれるようでは、アマチュアだと思います。
主と相談して、それが「御心」であるのかを、天の秤にかけて、確認して、「小さなこと」だとしても、自分の立ち位置で地味にコツコツ積み重ねていくことが、プロだと思います。

<人間>も、地球の70億人の個性がそれぞれ異なる。
人それぞれ「姿」も異なり、「特徴」も異なり、「美」も異なる。
だから、この人があの人の代わりになれない。

人それぞれ、個性と才能がみんな異なるので、「個性と才能」どおりに使命を与え、働いてこそ、天国だ。

(2014年9月22日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

地球世界の全ての人が反対したとしても、ただ主だけを信じて、これからもLunaの「個性と才能」が活かされる分野に集中して、もっと飛躍できるように頑張ります(^^)

皆様も、そうでありますように♡

個性の光を放とう!!

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆