愛の反対は無関心 byマザーテレサ


人と人とが関わり合いながら生きているこの社会においては、全てのことは、相手に関心を持つことから始まると最近実感しています。

それは、家庭でもそうだし、職場でもそうだし、学校でもそうでしょう。

もちろん、摂理の教会の中でも、そうです。

「愛の反対は無関心」

とは、マザーテレサの有名な言葉。
その言葉のとおり、相手への関心がないか、もしくは薄く、相手への思いやりと配慮、理解に欠けた時に、愛の冷え切った社会で、大なり小なり、悲しい問題が起こるのではないかと思います。

そして、最も関心を払うべき対象が、愛の根本者であり愛の豊かな<神様>なのでしょう。

神様と聖霊様と御子を考えなさい。
主を考えなさい。
関心を持ちなさい。
愛しなさい。
「関心と愛」で<神様の創造目的>を成す。

(2014年12月30日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

最近、世の中が冷え切っていると感じるのは、Lunaだけでしょうか。
「関心と愛」の溢れる社会になりますように切実に祈ります。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆