摂理で最も美しい女性・チョウン牧師ー一般的に「美しい」とされる人たちと働いてきたLunaが思うこと


Lunaは、CAになる前、モデル・イベントコンパニオン・ナレーター・MC事務所に所属しておりました。(その時代に、摂理に出会いました。)
正直、CAよりも「美」が求められる世界だったし、実際に、CAよりも「美」に興味のある方たちが多かったです。

ということで、Lunaがどうかは置いておいて(笑)、一般的に「美しい」とされる人たちと共に仕事をしてきたし、「美しさ」とは何であるか常に探求する必要のある立場にいました。
CAも、それなりに「美しさ」が求められるので、今に至るまで、Lunaの研究分野の1つですね。
ちなみに、どちらも、笑顔は必須です。 

そんなLunaが、摂理に来て、その「美しさ」に惹かれた女性の一人が、チョウン牧師でした。  

聖三位はまず中心をみるというが
あなたたちの心と誠意が
肉ででも表現されるのではないか。
このような小さなことまでも教えてあげなければならないのが
心苦しくもある。
まずは聖三位について深く知らなければならない。 

(2012年8月10日 摂理・鄭明析牧師の御言葉「先端の礼拝、礼拝の水準をあげよう」)   

神様の御言葉を学んだチョウンさんが、心ではもちろんのこと、肉ででも最高に装って、どんなに辛い時も満面の笑みを絶やすことなく、聖三位の誇らしい新婦として進み出ていく姿に、いつも本当に感動します。

摂理で最も美しいだけでなく、世界で最も美しい女性の一人であることは、言うまでもありません。

職場で「美しさ」をいつも追求されるからこそ、深く悟る、チョウンさんの美しさ。 Lunaも、モデルやCAではなく、チョウンさんを見倣っては、礼拝に出る際、心の装いはもちろんのこと、体の装いにも、より一層気をつけるように心がけています。

 

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/lady/347
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆